Ski Mask The Slump Godが新曲“Burn The Hoods”のタイトルを当初“Fuck Donald Trump”にする予定だったと明かす

先週金曜日に新曲“Burn the Hoods”をリリースしたSki Mask The Slump God。そんな彼が、同曲のタイトルを当初別のものにする予定であったと明かしている。

Geniusによると、Ski Mask The Slump GodはComplexによるインタビューの中で“Burn The Hoods”を当初“Fuck Donald Trump”と名付ける予定であったと明かした。彼は「遊び心があって楽しい曲でありながら、自分の意見や気持ちをみんなに見せたかった。白人至上主義者や、そういうものが好きじゃないって事実に触れてる。ドナルド・トランプも支持していない」と楽曲のメッセージについて語っている。

しかし予定と異なり現在のタイトルに落ち着いた理由としては、「ドナルド・トランプのPRと彼の部下は、あいつの名前がついているものは何でも取り下げさせようとするのが得意だと聞いた。(中略)だから、KKKのフードを燃やすっていう声明を出すために“Burn The Hoods”に変えたんだよ。変な風に聞こえるだろうとは思っていたけど、みんなが見てくれたら、その言葉の意味を理解してくれると思ったんだ」と、トランプ側から楽曲に対して何らかの手が及ぶことを避けるためだったとしている。

楽曲はフックの「Say fuck, my president Donald Trump」というフレーズが印象的なものとなっているほか、Cole Bennettが手掛けたビデオクリップの中では南軍旗を燃やし、またKKKの白装束に身を包んだ敵をSki Mask The Slump Godたちが格闘技で血祭りに上げる様が描かれている。痛快な内容と楽曲のトーンがマッチした、優れたMVだ。

Ski Mask The Slump GodはMVについて「このビデオを観た人が新鮮な空気を吸ったように感じて、“ああ、俺もこれに賛成だし、彼はデカいプラットフォームの上でこれを言ってるな”と感じてもらえたら嬉しい。ファニーでバウンシーな、踊れるようなものになってるよ」と語っている。

タイトルを変更せざるを得なかったものの、変わらず強いメッセージが込められることとなった“Burn The Hood”。このエピソードを知った上でもう一度聴いてみれば、楽曲の意味をより強く感じることが出来るかもしれない。

related

Ski Mask The Slump Godがステージ上の鉄骨に登って故XXXTentacionの楽曲を歌う

昨年6月、20歳の若さで命を落としたXXXTentacion。生前の彼の盟友であったSki Mask The Slump Godが、ライブ中にまさかの方法で追悼を行ったようだ。

【スペシャルフォトレポート】Rolling Loud LA | 世界最大級のヒップホップフェスの熱狂

Rolling Loud FestivalはLil Pump、Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、そして20才という若さでこの世を去ったXXXTentacionなど、当時SoundCloudでバズりかけていたマイアミベースのアーティスト達を集結させ、その人気を一気に全米へ押し上げた。

Ski Mask The Slump Godの初来日公演が開催延期に

今年9月にSmokepurppの初来日公演をプロデュースした3MA Entertainmentとdosingが、12/9(日)にフロリダの注目ラッパーSki Mask The Slump Godの初来日公演を開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。