【スペシャルフォトレポート】Rolling Loud LA | 世界最大級のヒップホップフェスの熱狂

Rolling Loud FestivalはLil Pump、Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、そして20才という若さでこの世を去ったXXXTentacionなど、当時SoundCloudでバズりかけていたマイアミベースのアーティスト達を集結させ、その人気を一気に全米へ押し上げた。

2015年に始まったフェスは2018年には、本拠地マイアミで3日間で18万人の動員数を記録。LAにも進出を果たし、世界最大級のヒップホップフェスへと急成長した。チケット代は決して安くはないが、それでもミレニアム世代のファン層をガッツリ掴んでいるのは、出演アーティストのラインナップだ。とにかくエグい。全米各地の注目の若手ラッパーから、トップチャートを賑わす錚々たるメンツを一挙に集める。先のマイアミでの開催の際には120組以上のアーティストが出演。ラインナップをチェックするだけで、USヒップホップシーンの動向がわかってしまう。今回は12/14~15にLAで開催されたRolling Loudの模様を、日本の皆様にお届けしよう!

取材・構成・撮影 : 池尻安希(Aki Ikejiri)

Young Thug

Rolling Loudが始まって以来、初のフィメールラッパー、まさに人気絶頂のCardi Bが大トリを務めたこともあり、最終日の観客は、女の子が多め。バックダンサーを従えたCardiのパフォームは素晴らしかったが、なんとも後味が悪く、翌日にはRolling Loudまで叩かれる騒ぎが勃発。MigosのOffsetが、Cardiのステージを中断させたのだ。12月頭にOffsetと別れたと宣言したCardiのステージに未練タラタラのOffsetが、突然ケーキを持って、登場。しかも、「Cardi、戻ってきてくれ」とデカデカと書いたセットまで持ち込んだ。

「俺が悪かった。愛してる、この通りだから、許してくれ。よりを戻してくれ」と懇願した。Cardiは、Offsetの顔を見るなり、不機嫌モード全開。マイクを切って、鬼の形相でOffsetに何やら話している。口の動きから察するに、「信じられるか、胡散臭い」的なことを繰り返している。(破局の原因は、Offsetの浮気だと報じられている。)Offsetの登場に観客も最初こそ盛り上がるも、Cardiの不機嫌さに凍りつき、復縁不可能だと悟る。照明も落とされたまま、そして、なかなかその場を立ち去らないOffsetに、会場の空気はさらに重くなる。

SNS上では、初の女性ラッパーの大トリに汚点を残した、そしてこれは明らかにハラスメントであるとして、Offsetに非難が集中。復縁が成功していたら、状況は180度違っていたのだが。ちなみに主催側のRolling LoudもOffsetと共謀したとして一緒に叩かれた。それを受けてRolling Loud側は、ステージ演出はすべてアーティスト側がコントロールしていて、Cardi側からMigos3人がサプライズとして登場すると、報告を受けていたことを明かした。恐らく、"Motorsport"を演る予定だったのだろう。Cardi本人も、Offsetの暴走は寝耳に水だったのである。

ただし、予兆はあった。前日の21 Savageのステージに、誕生日だったOffsetがサプライズ登場し、Metro Boominと2人のコラボアルバムの中から、”Ric Flair Drip” そしてMigosの代表曲”Bad and Boujee”をお一人様で熱唱した後Offsetがステージからはける際に、21が「Cardiと復縁うまくいくように!」とシャウトしたのだ。思えば、Offsetが「結婚してくれ」と指輪を差し出したのも、ステージ上。(実は、この時、すでに婚姻届は出されていたのだが。)Offsetも、後に、復縁も公の場で申し出るのが筋だと思った、と語っている。

追記しておくと、OffsetがCardiに復縁を迫る際、語尾に「Bruh」と使ったことも、非難の種になってしまった。これは、男同士に使うスラングで、brother (兄弟)から来ていて、Migosの出身地であるアトランタでは、特に多用される。最近では、女同士でも(sisterのsisと使うのが正解なのだが)Bruhが使われているので、違和感こそないのだが、「自分の奥さんに対して、しかもあの状況でBruhはないだろう」と責め立てられた。

当のCardiはOffsetをステージから追い出した後、何事もなかったかのように、もう一人のサプライズゲストPardusin Fontaine を迎え、パフォーマンスを続けた。さすが、女は強し!しかも、セット終了後に自身のインスタで「子供にとっても、私にとっても、彼は、よき父親であることには変わりないし、これからもそう。だから、彼が非難されているのは、我慢できない!」と、計り知れない懐の深さを見せた。

Cardiを始めとするヘッドライナーたちのステージは撮影不可だったので、ここからは撮れた写真と一緒に紹介していきたい。サプライズでいうと、Ski Mask The Slump Godは、Juice WRLDを、PouyaはJ.I.D、Lil Skies はYung Pinchを登場させ、それぞれのコラボ曲をパフォーム。そして、Chief Keefは自分のセットには現れずに、何故かトリのLil Uzi Vertのステージに登場し、自分の持ち歌”SoSa”を演って退場、ただの遅刻だろうか。Ski Mask、Trippie Red、Lil Skiesは、XXXTentacionへの強めの追悼も行った。

Ski Mask The Slump God

Juice Wrld

Lil Yachty
Lil Skies

Yung Pinch
Pouya
J.I.D

特筆すべきは2018年に10年以上の時を経て、トップチャートにカムバックを果たしたTyga。地元ということもあり、盛り上がりは半端なかった。

Tyga

Saweetie
Kash Doll
Rico Nasty
Rico NastyとメイクアップアーティストのScott Osbourne
Trippie Redd

 

Blueface

今年、Rolling Loudは、オーストラリア、イギリス、中国、そして日本での開催が決定しているが、機会があれば、ぜひ本場のフェスを体験してほしい。USヒップホップの動向がわかると同時に、サプライズゲストにも期待できるし、それに、今回のように、ヒップホップ史上に残る珍?事件を自分の目でしっかりと見届けることができるかも!

RELATED

【ライヴレポート】Miguel | R&Bの現在進行形を体現するアーティスト

センシュアルってなんだろう、セクシーってなんだろう、口説くときの音楽といえばR&Bだけれど、そもそもいまの時代、どこからどこまでがR&Bなんだろう。10月3日、ショートドレッドに鎖っぽい装飾がついた黒いパンツ(=だいぶロック寄り)といういでたちのMiguelを見ながら、そんな思いが頭をよぎった。

今週末に開催予定だった『Rolling Loud Hong Kong』が中止に

アジアでの初開催として期待されていた今週末の『Rolling Loud Hong Kong』の開催が中止となった。

Young ThugとJuice WRLDのコラボアルバムが今年中にリリースか

先日、Rich Homie Quanとは今後コラボしないと発言していたYoung Thugだが、そんな彼が同インタビュー内で現在、Juice WRLDとのコラボアルバムを制作中であることを明かした。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。