カクバリズム代表の角張渉が15年間のレーベル道を語り下ろした書籍『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』が刊行

YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、 キセル、二階堂和美、イルリメ、MU-STARS、cero、 1)(さらうんど)、片想い、VIDEOTAPEMUSIC、 スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、mei eharaと個性的なアーティストが所属するレーベル、カクバリズム。

レーベル設立から15年が経過し、代表の角張渉が「好き」ではじめたレーベル運営が、いつしか自分の「仕事」となっていく凸凹のレーベル道を語り下ろす書籍『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』が7月に刊行される。

「厳しい」時代が続いていると言われる日本の音楽業界において、カクバリズムが唯一無二のインディペンデントレーベルと評される理由はどこにあるのか。インタビュアーの木村俊介が、大好きなバンドの音楽を世に送り出したいという想いから22歳でレーベルを立ち上げた角張のまっとう過ぎる仕事論を引き出している。

kakubari-manga_1103

Info

kakubari_cover_green_0507

角張渉 著『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』

四六判並製/400ページ 定価:本体2000円+税 装丁:大原大次郎
装画:吉澤成友 漫画:本秀康

(株)リトルモア刊

脚注   [ + ]

1. (さらうんど

RELATED

原宿がファッションの街として誕生した70年代がテーマの『70s 原宿 原風景』が5月に刊行

オリンピックを前に変遷する原宿が、まさにファッションの街として誕生する70年代を目撃した45人が「思い出のあの店、あの場所」を語る書籍『70s 原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所』が5月10日にDU BOOKSより刊行される。

LIQUIDROOMの15周年記念イベントシリーズで前野健太と5lackの2マンやカクバリズムの夏祭り、中村佳穂のワンマンなど6公演が決定

東京・恵比寿に移転して15周年となるLIQUIDROOMのアニバーサリーシリーズとして、すでに解禁されている9mm Parabellum Bulletの公演とThe Birthdayによるライヴに続いて6公演が解禁となった。 8/23(金)には親交が深い前野健太と5lackの2マンライヴを開催...

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。