Kendrick Lamarのピューリッツァー賞に触発されたRae Sremmurdがノーベル平和賞が欲しいと主張する

今年のヒップホップシーンでも様々なトピックが飛び交っていたが、Kendrick Lamarのピューリッツァー賞受賞は特に大きなインパクトを残したのは間違いないだろう。

先日アルバムをリリースしたばかりのRae Sremmurdも例に漏れないようで、GQのインタビューでもKendrickの受賞に触発されたと述べている。

Swae LeeはKendrick Lamarの存在が自信を与えてくれたと明かし、「あの男はピューリッツァー賞を獲っただろ」と語り、強気な主張をしている。

「おれには"Black Beatles"でノーベル平和賞が必要だよ」とぶち上げたSwae Leeは、「あの曲は世界を凍らせたんだ、すべての暴力を中断させ、その時全てが止まっていたんだ」と主張するSwae Lee。確かに"Black Beatles"のインパクトは当時ものすごいものがあったと思うが、果たして全ての暴力が止まっていたかは疑問だ。

しかしそうした絵空事すらも現実的な可能性として思わせてくれるほどの、変化をKendrick Lamarのピューリッツァー賞受賞がもたらしたのは間違いないだろう。

related

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

Kendrick Lamarが所属レーベルTDE離脱についての噂を否定

昨日、Kendrick Lamarがキャリアの当初から拠点としてきたレーベルTDEを離脱するのではないか、との噂が流れ、ファンに衝撃を与えていた。この噂に対しレーベルのボスであるPunchはミステリアスな反応を示し肯定も否定もしていなかったが、今回、Kendrick Lamar本人が噂を否定するような声明を出している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。