Meek MillがDrakeとのビーフが終了したと宣言しコラボする可能性を示唆

2015年以来ビーフを続けていたDrakeとMeek Millの二人だが、先日とうとうMeek Mill側からビーフの終了がアナウンスされた。

Meek MillはHot 97の人気番組『The Breakfast Club』上で、現在のDrakeとの関係性について尋ねられ、#FreeMeekMill ムーブメントの際にDrakeがサポートを行ったことに深く感謝していると述べている。

また、今後音楽面においてDrakeと関わっていくことについては「有り得るよ。全ては起こり得るんだ。俺は彼にヘイトを向けていないし、彼が俺を憎んでいるとは思ってない。」と言い、「俺たちはラップについて争っていたんだ。俺は人間としての彼を知っているし、俺をサポートしてくれた。Drakeは今の音楽で最も大きな存在の一つだ。」と発言している。

元々Meek MillがTwitter上でDrakeがゴーストライターに自分のリリックを書かせていることを暴露したことから始まったこのビーフだが、Meek Millの裁判の問題が大きな話題となるなど様々なことを経ていくにつれお互いに成長したということだろうか?Meek Millはこのビーフの終了について「Drakeはたぶん、大人の男として、『これはいつまで続くんだ?』って感じだったんだと思う。俺は俺の足で立ってるし、あいつもあいつの足で立ってる。」と振り返っている。

激しいビーフを繰り広げた二人の邂逅は実現するのだろうか?

RELATED

Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

Meek Millが子供たちに「インターネットギャングスタになるのはやめろ」とメッセージを送る

複数の罪で収監され、現在は元ギャング仲間の裁判で証言すべく法廷に立たされている6ix9ine。そんな彼に対してはヒップホップシーン全体から多くの批判の声が上がっているが、そのような現状を見てMeek Millが若い世代にメッセージを送っている。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。