CLARKSがIOやDJ DARUMAが出演するPOP UPイベントを開催

1825年にイギリスにて創設され200年近くにわたり、革新的なスタンスと伝統的なクラフトマンシップが融合した靴作りを行っているCLARKS。

ファッションシーンからライフスタイル、カルチャー的なシーンでも愛されている同ブランドが、新たな試みとなるイベント『No Contract』を4/20に東京・原宿のGYREで開催する。

このイベントには音楽やファッションなど、広い意味でのカルチャーを包括する存在であるPKCZ®のDJ DARUMAやKANDYTOWNのIO、VJ MANAMIが出演。

更に国内外で人気のアーティスト、KAMIの書き下ろしアートワークをCLARKSの代表作であるワラビーにレーザー刻印で落とし込むインスタレーションも実施する。

歴史あるブランドによる新たな試みを体感できる。

Info

flyer

“NO Contract” by CLARKS ORIGINALS

開催日時: 2018年4月20日(金) 21:00~23:00 (20:30 OPEN)
開催場所: 〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE地下1階(東京)
※入場制限させて頂く可能性もございます。

RELATED

IOが2019年にリリースした3rd アルバム『Player’s Ballad.』が待望のアナログ化

4thアルバム『four』のリリースや先日開催された東京Zepp DiverCityでのワンマンライブ『four Show』も大きな話題となったIO。

【オフィシャルレポート】IO One Man Live『four Show』| 『Billboard Live Tour 2024』も開催決定

IOが4作目のアルバム『four』を引っ提げたワンマンライブ『four Show』を、Zepp DiverCityにて開催。即完となっていた会場には満員の2,400人が来場。当日はABEMAでの配信も行われた。

【インタビュー】IO 『four』| 昨日の自分よりいい曲を作りたい

今年KANDYTOWNの終演という大きな節目を迎えたIOが、ソロアルバム『four』を11月にサプライズリリースした。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。