BAL 2018 SS LOOKBOOKとイメージムービーが公開

都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに掲げるBALの2018 SS LOOKBOOKとイメージムービーが公開された。

今季はSTILL LIFEをテーマにカリフォルニア在住のファインアーティストITSUMI MAXや、近年注目を集めるペインターのMASASHI OZAWAらとコラボしたテキスタイルを中心に、スポーツ、アウトドア、ミリタリーなどからインスパイアされたモダンでグラフィカルなアイテムを展開。BALらしいスマートな遊び心が際立つ。

またコレクションにあわせたイメージムービーも公開。チルなバイブが出ているムービーを制作したのはpooteeだ。

 

BAL
www.baloriginal.com

related

原宿のカレー屋HENDRIXのファンTシャツが発売 | デザインはbalの江田龍介が担当し利益は全てHENDRIXへ

東京・原宿にある人気のカレー屋HENDRIXのファンTシャツの受注販売がスタートしている。 デザインはHENDRIXの名前の由来となったあのアーティストへオマージュを捧げたものとなっていて、デザインはbalの江田龍介が担当している。制作費を除いた利益が全てHENDRI...

BAL 2020 SSのLOOKBOOKが公開 | Jose ParlaとのコラボコレクションやKazuma Ogata、Kei Sakawakiのグラフィックを使用したアイテムも

BALが2020 SSのLOOKBOOKを公開した。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 蒲谷 健太郎

今回は、音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評のあるファッションブランドbalのデザイナー、蒲谷 健太郎。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。