JAY-ZがTV番組でトランプ大統領を批判 | 大統領はTwitterで名指しでJAY-Zに反撃

JAY-Zは27日、CNNの新番組に出演。インタビュー中にJAY-Zはトランプ大統領の発言や政策を非難。それに対し、トランプ大統領は「私の政策のおかげで、今黒人の失業率が史上最低になっていることをJAY-Zに誰か教えてあげてくれ!」とツイートした。

JAY-ZはCNNの新番組“The Van Jones Show,”に出演。インタビューでは最新のアルバム『4:44』や妻であるBeyonce、自身の双子の子供について語った。しかし次第にトランプ政権についての話へと移り変わる。今月トランプ大統領がアフリカ諸国やハイチのことを「肥溜めのような国」と発言したことや、これまでの人種差別と取れる発言や行動を非難した。

JAY-Zはインタビュー中にトランプのことを「Superbug」(様々なものに耐性を持った超強力な細菌)と比喩。しかし途中で「ドナルド・トランプも人間だ。彼の人生で何かが起こり、彼は苦しみ、その痛みをあのような形で表現しているのだろう」と、同情するような発言もした。

それに対して後日、トランプ大統領は自身のTwitterで名指しでJAY-Zに反撃。「私の政策のおかげで、今黒人の失業率が史上最低になっていることをJAY-Zに誰か教えてあげてくれ!」とツイート。

しかしJAY-Zはすでに同番組内で、黒人の失業率が低下していることについて言及している。司会者が黒人の失業率が現在史上最低であることを引き合いに出し、「共和党はリップサービスをしてくれたけど仕事はくれなかった、一方トランプは酷いことを言うけどお金は増やしてくれる。この場合トランプの方が良いリーダーと言えるのか?」とJAY-Zに質問している。

JAY-Zは首を横に振り「最終的に問題なのはお金ではない。お金があれば幸せってわけじゃない。それは的外れだ」と否定。「人々を人間らしく扱うことが重要。酷い扱いを受けて、いい稼ぎを得てもそれは幸せには繋がらない」と主張した。

これまで様々なミュージシャンがトランプ大統領の政策を非難してきたが、トランプ大統領がヒップホップのアーティストを名指しでピックアップして反論してきたことに驚きだ。

related

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。