【オフィシャル・ライブレポート】The Internet | ソロ活動を経てパワーアップしたメロウ・ソウルバンドによる熱狂のライブ

今や世界的人気を誇る、紅一点ヴォーカルSyd率いる米ロサンゼルス出身のメロウ・ソウル・バンドThe Internetが約2年ぶりとなる単独来日公演を果たした。

2015年にリリースした3rdアルバム『Ego Death』が第58回グラミー賞で優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞にノミネートされて以来、世界的に人気の火が付いたジ・インターネットは積極的にワールド・ツアーを行い、各地で熱狂的なファンに迎え入れられる中、ここ日本でも2016年1月に初の単独来日公演は見事なソールド・アウト。勢いそのままに同年のフジロック・フェスティヴァルに出演し、圧巻のパフォーマンスを披露したのも記憶に新しい。

昨年はSydが初のソロ・アルバム『Fin』をリリースしたのを始め、各メンバーが各々ソロ・プロジェクトを積極的に行いつつ、迎えた2018年、再びバンドとして再始動。来日公演に先駆けて日本限定のデジタル・ベスト・アルバム『ジ・インターネット-ジャパン・ヒッツ・コレクション』が発売され、公演チケット即完売するなど、来日前から異様なまでの興奮と期待感が高まる中、迎えたライブ当日は大勢のファンが詰めかけ、バンドは新旧の楽曲を織り交ぜつつ、飛躍的な成長を見せつけた圧巻のライヴ・パフォーマンスを披露した。そんな大熱狂のライヴ・レポートが公開となった。

文 : Minako Ikeshiro

写真 : Masanori Naruse

日本列島が記録的な寒波に見舞われた中で行われた、The Internet3度目の来日公演。"Gabby"からスタートしたのも意外だったが、バンドの配置が独特だった。キーボードのMatt Martians、ギターのSteve Lacy、ベースのPatrick Paige IIがほぼ横並び。ドラムのChristopher Smithこそ少し下がっていたけれど、顔がばっちり見える位置だ。そのゆるやかな線の前を、ヴォーカルのシドが浮遊するように動く。今回の アジアとオセアニアを回るツアーは、個々のソロ活動を経て、バンドとしての4作目をドロップする前のタイミングで組まれたため、セットリストも『Ego Death』などからの曲が半分、ソロ作からの曲が半分という構成。

????????? - ライヴ写真⓵

自分の曲で前に出やすいための横並びにしていたわけ。3曲目でSteveくんの“Thangs” “Ryd”を投入。弱冠19歳の天才トラックメーカーで、張り切って歌う姿が好ましい。ほかのメンバーが歌う間、Sydは傍でコーラスをつけたり、にこやかに立っていたり。何かとお騒がせなOdd Future派に属しているけれど、The Internetの面々は穏やかでクールな雰囲気だ。

ベッドルームとスタジオで作り込まれた重層的な音を、ドラムマシーンに頼らず再現できるのは、屋台骨を支えるドラムのChrisが凄腕だから。レゲエのダブを取り入れた曲での切り替えも見事だった。そして、何よりも高音なのに芯があり、でも柔らかに響くSydのヴォーカルの心地よさ。Brandy〜Aaliyahの流れをくむウィスパー・ヴォイス唱法を完成させていて、 “Just Sayin'のコーラスで “you fxxcked up”と、かなりキツイ言葉をみんなに叫ばせても下品にならない珍しい人だ。実は、一派に属するFrank OceanがRBシンガーとしてほぼ初めてバイ・セクシュアルをカミングアウトしたあと、Sydも続いた。ソロ作『Fin』は女性目線のまま、恋人を「ガールフレンド」と歌っている点でも歴史的な作品なのだが、それも瑣末なことだと思えるほど、シンガーとして素晴らしく、ひとりの人間としてチャーミング。センシュアルに歌い上げたBodyが個人的にハイライトだった。今回のステージでそれぞれの魅力もよくわかった夜だった。ああ、次のアルバムが待ちきれない。

????????? - ライヴ写真②

Info

?????????? - ジャパン・ヒッツ・コレクション 』 - ジャケット写真

日本限定デジタル・ベスト・アルバム
『The Internet Japan Hits Collection』
配信中

related

【フォトレポート】Campanella 『"AMULUE" Release Live』

当初は5月に開催予定だったものの開催延期となっていたCampanellaの『"AMULUE" Release Live』が7/30(金)に渋谷・WWW Xで開催された。

【イベントレポート】『City Connection』|クリエイティビティが交錯する刺激的な一夜

Manhattan Portageが主催する、都市型音楽プロジェクト『City Connection』。昨年は代官山UNITの3フロアに渡って開催され大盛況を収めた同イベントは、本格的始動を予定していた今年、コロナ渦によって延期が繰り返され、DOMMUNEにて5時間の生配信という形での開催が決定した。本来は配信限定である今回の『City Connection』、幸運にも現場に参加することが出来たFNMNLでは、熱気あふれる5時間の模様を写真とレポートでお届けする。

【ライブレポート】FNCY × Daichi Yamamoto | 「他では見たことない」最高の組み合わせ

FNCYとDaichi Yamamotoのツーマンライブ『TSUTAYA O-EAST presents FNCY x Daichi Yamamoto』が11/25(水)に東京・TSUTAYA O-EASTで開催された。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。