XXXTentacionの物議を醸したメジャーレーベルCapitolとの契約は経営陣のトップダウンで決定された

昨年10月に元ガールフレンドへの暴行事件など様々な法的トラブルを抱えたままのラッパーXXXTentacionが、メジャーレーベルのCapitol Recordsと契約をしたことは、音楽業界に波紋が広がった。

Los Angeles TimesがXXXTentacionをテーマにした特集記事を掲載、その中でCapitol Recordsの経営陣がXXXTentacionとの契約を望んだという記載がある。

XXXTentacionとCapitolの契約についてはジャーナリストなどからも、「Capitolにはビジネスセンスがない」という意見や、「音楽業界への試練」という意見が記事内でも紹介されているが、Capitolの経営陣がXXXTentacionとの契約を強く求めたと報じられている。

社長と重役による会議でXXXと契約することで、Capitolがヒップホップの売り上げシェアの拡大につながるという理由で、スタッフたちからは疑問の声が上がる中で契約に踏み切ったというのだ。

その後の展開はご存知の通りXXXは一度はCapitolと契約を締結したものの、その後一方的に破棄し、一時は音楽シーンからの引退も宣言。また暴行事件の余罪により、再度収監、現在は自宅監禁の状態に置かれている。

related

XXXTentacionの短く壮絶な生涯を描く評伝『ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド』が刊行 | 著者は『くたばれインターネット』のジャレット・コベック

2015年にリリースした"Look At Me!"で注目を集めて、一躍人気ラッパーのポジションに躍り出るも、恋人への監禁・暴行や強盗などで逮捕・収監され、2018年に地元フロリダで銃撃され、わずか20歳でこの世を去ったXXXTentacion。

故XXXTentacionの殺害現場となった車が展示されていることが大きな批判を浴びる

昨年6月に銃撃によって命を落としたXXXTentacion。その死から一年以上が経過した現在でも多くのファンに愛され、先日は最後のニューアルバム『Bad Vibes Forever』が発売された。そんな中、フロリダで現在行われている一つの展示が問題となっている。

2020年の大統領選に向けた公式プレイリストにXXXTentacionを入れた大統領候補が批判を浴びる

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカでは選挙の候補者がそれぞれのキャンペーンプレイリストを発表することが一般的だが、その中にXXXTentacionの楽曲を入れた議員が批判を浴びてしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。