Lil Uzi Vertの大ヒット曲"XO TOUR Llif3"のプロデューサーがギャラ未払いを明かし、Atlantic Recordsを「最悪なレーベル」と告発

Wiz Khalifaに楽曲を提供してきたプロデューサーのE. Danが、所属レーベルAtlanticが正当なギャラを支払わないと新年に告発を行って以来、アメリカではにわかにプロデューサーに対する不当契約問題が活発になっている。

その後A$AP Fergの2013年の大ヒット曲"Shabba"のプロデューサーも、同曲のギャランティーが低すぎたと、同様の告発を行った。

そして同様の問題は昨年の大ヒット曲であるLil Uzi Vertの"XO TOUR Llif3"でも起きていたことが判明した。

同曲のプロデューサーであるTM88はTwitterに「Atlanticはクソだ」とツイートを行った。

そうE. Danのケースと同じく、またしてもLil Uzi Vertの所属レーベルはAtlanticなのだ。しかもTM88の場合はギャラが低いということではなく、大ヒット曲のプロデュースを行ったにも関わらずギャラが支払われてないというのだ。

TM88は"XO TOUR Llif3"のギャラが支払われていないとTwitterで明かし、一連の告発を皮肉交じりに締めくくっている。

「Atlantic Recordsありがとう、クソなことの歴史の中でも最悪なレーベルとして存在してくれて」

"XO TOUR Llif3"は当初はリリース予定はなく、Lil Uziが無許可でSoundCloudにアップしたところ、予想外の大ヒットとなってしまったという経緯はあるものの、Atlantic側は、同曲から相当な利益を得ているのは間違いないので、その正当な対価をプロデューサー側に支払うのは当然のことだろう。

実はAtlantic Recordsについては以前Metro BoominもプロデューサーはAtlanticと関わらない方がいいという主旨の警告を行っており、組織的にプロデューサーを軽視する風潮があるのかもしれない。

 

RELATED

Lil Uzi VertがNardwuarのインタビューからまたしても逃走

昨日のRolling Loudでまさに本領発揮とも言うべきライブを披露したLil Uzi Vert。そんな彼に、カナダの名物インタビュアーであるNardwuarが昨年以来一年ぶりとなるインタビューを行なった。

Lil Uzi Vertの新曲“That’s A Rack”のミュージックビデオが公開

今月半ばにリリースされたLil Uzi Vertの新曲の一つである“That’s A Rack”のMVが公開された。

Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。