ボウリング × 電子音楽がコンセプトのイベント『Bowler Room』 | 第3弾にはSeihoと食品まつりが出演

東京・笹塚ボウルを舞台にボウリングと電子音楽の融合をコンセプトに開催されてきたイベント『Bowler Room』の第3ラウンドが12/16に開催される。

初のデイ・タイムで開催される今回は様々なシーンやジャンルを超越するハイブリッドなニュータイプとして国内外で活躍、テン年代の電子音楽をリードして来た異能Seihoと奇才Foodmanの両雄を迎える。

Seiho
Seiho
2 Foodman
食品まつり

DJではテクノ/ハウスを軸に独特な浮遊感を創り出すBowler RoomレギュラーのERICA、そして主催のレジデントDaigo Sakuragi (D.A.N.)とSlyAngle (melting bot / WWWβ)が出演。

Info

[FLYER] 171216 Bowler Room R3

Bowler Room R3

2017/12/16 sat at Sasazuka Bowl

OPEN / START 19:00 *Limited to 150

ADV ¥2,000 @RA / DOOR ¥2,500 / U23¥1,500

1 GAME ¥700 *FREE rental shoes

LIVE:

Seiho *Ambient Set*

食品まつり a.k.a foodman *Minimal Set*

DJ:

ERICA

Daigo Sakuragi [D.A.N.]

SlyAngle [melting bot / WWWβ]

#Bowling #Club #Art

*23歳以下は当日料金の¥1,000オフ。受付にて年齢の確認出来るIDをご提示下さい。

*1,000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at entrance to prove your age.

+ 全ドリンク500円 *一部のドリンクを除きます。

【注意書 / NOTE】

※150人限定。入場を確保されたい方は必ず前売り券をお買い求め下さい。

Limited to 150 people. ADV ticket is available for those wanting to ensure the admission.

※ボウリングの際には無料の専用シューズを必ず着用して下さい。

Please put bowling shoes on when you do bowling. The shoes are available for free at reception.

※ボウリングはマストではありませんが、本イベントの主旨でもありますので、1ゲームでもご参加下さい。

Bowling is not must to do but that’s the point of this event so please take part in even one game.

 

related

Seiho Interviewed by okadada | 『着いたけど、どこいる?』

近年はおでん屋「そのとうり」、和菓子屋「かんたんなゆめ」のプロデュースなど、音楽だけでなく活動の幅を広げているSeihoが3年ぶりの単独公演を5/14(土)に渋谷 Spotify O-EASTで開催する。

Seihoの3年ぶりの単独公演にOtagiri w/ DJ MAYAKU、okadadaとPharakami SandersによるTerror Fingersも出演

Seihoが3年ぶりに開催する単独公演『着いたけど、どこいる?』の追加出演者が発表となった。

『FFKT 2022』にKID FRESINO、Andy Stott、ペトロールズ、Tohji、長谷川白紙、D.A.N.、どんぐりずなどが出演決定

長野県・こだまの森を舞台にした野外音楽フェスティバル『FFKT 2022』が5/28(土)、5/29(日)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。