最も稼いでいるヒップホップアーティストランキングが発表

経済誌のForbesが、最も稼いでいるヒップホップアーティストランキングを発表、1位はまたもDiddyが獲得した。

Diddyは2016年6月から17年6月までの1年間で、なんと1億3000万ドル(約146億円)を得ていた。Diddyの収入源となっているのはレーベルBad Boyや、メディアRevolt TVに加えウオッカブランドのCirocやテキーラのDeLeonや水の事業など、音楽以外の収入もかなり多い。

2位となったのはDrakeで9400万ドル(約105億円)の収入となった。Drakeの場合はストリーミング収入と、世界ツアーでの収入がメインとなっている。3位は、実業家でもあるJay-Zで、4位にはなんと音源を販売していないChance The Rapperが3300万ドル(約37億円)、5位にはKendrick Lamarが入った。

音源を販売していないにもかかわらずChanceは世界ツアーとAppleやKit Katとの広告収入だけでこれだけの収入を得ている。ビジネスモデルが大きく変わっているアメリカの音楽シーンを象徴するランキング結果となった。

related

J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

Kendrick Lamarが地元コンプトンのBLMデモに参加

ジョージ・フロイドさんが警察による不当な暴力の末に命を落とした事件をきっかけに全世界で大きな盛り上がりを見せる「Black Lives Matter」ムーブメント。そんな中、“alright”が「Black Lives Matter」のアンセムとも言える楽曲になるなど深い関係を持ちながらこれまでSNS等での発信を行なってこなかったKendrick Lamarが、地元コンプトンでのデモに参加していたことが明らかになった。

Tyler, The CreatorやA$AP Rockyがデモへの支持を表明|DrakeやThe Weekndは大規模の寄付を行う

先日のジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件に端を発する、人種差別への大規模な抗議活動。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。