スパイク・リーと『ゲットアウト」のジョーダン・ピールがタッグを組み、KKKに潜入捜査した黒人警官を描いた実話をもとにした映画を製作中

シャーロッツビルで起こった衝撃的な白人至上主義者のデモ後、様々なリアクションが全米中を駆け巡っているが、この映画もその状況を反映したものになるのだろうか?

映画監督のスパイク・リーと、俳優で映画『ゲットアウト』で初監督を務め大成功を収めたジョーダン・ピールがタッグを組み、1970年代後半に実際に白人至上主義集団KKKに、潜入捜査をした黒人警官を描いた映画『Black Klansman』を製作中ということが、the Hollywood Reporterの報道でわかった

映画は実際にKKKに潜入捜査を試み成功した黒人警官Ron Stallworthさんの回想録をベースに製作されている。StallworthさんはKKKの会員になるだけではなく、支部長にまで昇進しており、その間諜報活動を進め、KKKの一部機能を停止に追い込む功績を果たした。

ピールとリーはこの映画の製作を極秘で2年前からスタートしていたということだが、まだ公開時期は発表されていない。

related

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。