BESの復活作を16FLIPがリミックスしたアルバム『The Definition of This Word』

BESの完全復活作となった3rdアルバム『THE KISS OF LIFE』をISSUGIの別名義16FLIPがリミックスし、別の作品として再定義したアルバム『The Definition of This Word』が、9/6にリリースされる。

2000年代後半以降の東京のヒップホップシーンに欠かせない両者の共演となった、このアルバムは間違いなく東京らしさにあふれた作品となっているのは間違いない。

9/1よりiTunesにて予約がスタート。同時にその中から収録曲である"16FLIP VS BES 14"、”16FLIP VS BES 10”の2曲がDogearrecordsのSoundCloudで公開されている。

『The Definition of This Word』は9/6にリリースされる。

Info

LEXCD17015-JK

■アーティスト:16FLIP vs BES (ジュウロク フリップ ヴイエス ベス)
■タイトル:The Definition of This Word ( ザ デフィニション オブ ディス ワード)
■発売日:2017年9月6日(水)
■価格:2,200円+税
■品番:LEXCD17015
■JAN :4560230527174
■ジャンル:J-HIPHOP
■仕様:国内CD1 枚組
■レーベル:Manhattan Recordings

■購入リンク
・CD⇒ https://goo.gl/u9dhbu
・iTunes⇒ https://goo.gl/DMxg4t

【TRACKLIST】
1.16FLIP VS BES 1
2.16FLIP VS BES 2 FEAT.MEGA-G Cut by DJ SHOE
3.16FLIP VS BES 3 FEAT.SHAKU, 仙人掌 Cut by 16FLIP
4.16FLIP VS BES 4
5.16FLIP VS BES 5
6.16FLIP VS BES 6 (INST)
7.16FLIP VS BES 7 FEAT.ISSUGI
8.16FLIP VS BES 8 (DUB VERSION)
9.16FLIP VS BES 9 (INST)
10.16FLIP VS BES 10
11.16FLIP VS BES 11 FEAT.KING104,STICKY
12.16FLIP VS BES 12 FEAT.MICHINO Cut by DJ SHOE
13.16FLIP VS BES 13 FEAT.KNZZ
14.16FLIP VS BES 14
15.16FLIP VS BES 15(BONUS)

related

MANTLE as MANDRILLが2年ぶりのニューアルバム『SEXORCIST OF THE LIVING SAGA』を11月に発売 | NIPPSやB.D.、BES、STICKYも参加

THE SEXORCISTのメンバーであるビートメイカーのMANTLE as MANDRILLが、2年ぶりのニューアルバム『SEXORCIST OF THE LIVING SAGA』を11/11(水)にリリースすると発表した。

BES & ISSUGIのアルバム『Purple Ability』からGwop Sullivanがプロデュースした“Welcome 2 PurpleSide”のミュージックビデオが公開

BESとISSUGIによるジョイント作第二弾『Purple Ability』から、Gwop Sullivanがプロデュースした“Welcome 2 PurpleSide”のミュージックビデオが公開となった。

SWANKY SWIPEの『Bunks Marmalade』とBESのソロ作『REBUILD』のジャケットなどを用いたTシャツが発売

SCARSやSWANKY SWIPEとしての活動を始め、ソロ名義で数々のクラシックな作品をリリースし、近年ではISSUGIとのコラボプロジェクトも話題になっているBESの関連作品のTシャツが登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。