6年前からささやかれているKendrick LamarとJ.Coleのコラボ作。新たにTDEのPunchも噂を裏付ける発言

Kendrick LamarとJ.Coleが共同でアルバムを制作していると噂が長いこと流れているが、確信にいたる情報はない。これまでアルバムの存在を匂わせる様々な発言がされてきた。

Kendrick LamarとJ.Coleが二人でアルバムを共同制作しているという噂は2011年頃から広まり始めた。2011年にJ.ColeはMTVのインタビューで「俺とKendrickで色々おかしなことをやってるよ、これは世界をかき乱すはずだ」と発言。同じ年にKendrickも「90%の曲はあいつがプロデュースして、俺がそれに乗っかる。もう形になってるよ」と明らかにした。

その2年後、2013年にJ.Coleは「たくさん曲ができた。ただのEPとしてリリースするとしても、だいぶなものになるよ。まだ今は隠してある」と述べた。その2年後にKendrickはHOT97のインタビューで「共同アルバムは確実に計画していることだ。何かを起こす」と発言している。また、その年にプロデューサーのOddiseeがTimwetwoodTVで「2012年にKendrickとJ.Coleの二人が作った曲をレコーディングした。確かに存在する」と語った。

さらに、KendrickとJ.Coleが二人同時に、お互いの曲のトラックでラップした「Black Friday」という曲をSoundcloudでリリース。J.Coleの曲では歌詞で「俺とKendrickがいつドロップするかって?その日は永遠にこないよ。俺ら二人一緒なんて世界が耐えられないだろ」と歌った。これが皮肉なのか、それとも本当に永遠に共同作品をドロップしないのかは不明なまま。

それからしばらく空き、昨年末にThe Break fastの番組内でAb-soulが「KendrickとColeのアルバムは存在する。あいつらは長い間それに取り組んでいる」と言及。

そして先週末、レーベル『Top Dawg Entertainment』の共同社長であるPunchがTwitterで新たにこの噂を裏付ける発言をした。Punchが「最近どう?」とツイートすると、とあるファンがKendrickとColeの共同作についてコメントした。それに対してPunchは「たぶん一生無いよ」と返信。ファンたちにショックを与えた。


しかしその二日後にPunchはTwitterで発言を訂正。「この前のKendrickとColeについてのことは冗談だ。きっとリリースされるよ。俺は知らないけどもしかしたらね。本人たちに聞いてみな!」とツイート。


噂が流れはじめてから6年が経ち、それでもオフィシャルなリリースの発表はまだなく、確信には至れない憶測を呼ぶ発言がどんどん増えていく。

related

Nonameが「私はJ. Coleが言うような時代のリーダーじゃない」と苦悩を明かす

先日、J. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”の中でディスとも取れる言及を受け、それに対するアンサーとして新曲“Song 33”をリリースしたNoname。Black Lives Matter運動に十分にコミットすることが出来ない苦悩を明かしたJ. Coleに対し、NonameはJ. Coleによる自身に対する言葉が不当であること、また女性やトランスジェンダーが暴力を受けている現状を厳しく告発した(J. ColeとNonameのやり取りについての詳細はこちらのコラムを参照して頂きたい)。今回、先述の出来事を経たNonameが改めて自身の抱える苦悩を明かしている。

【コラム】Black Lives Matterが映し出すもの - NonameとJ. Coleについて -

日本でも各地でデモが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せているBlack Lives Matterの抗議運動。そんな中J. Coleがリリースした楽曲"Snow on Tha Bluff”のリリックが、抗議運動の急先鋒に立って動いていたNonameを揶揄していると話題になり、対するNonameも即座にJ. Coleへのリアクションも含んだ"Song 33"をリリースし、J. Coleの姿勢を糾した。

NonameがJ. Coleに対するアンサーソングでもある新曲“Song 33”についての後悔を語る

先週はJ. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff“と、それに対するNonameのアンサーソング“Song 33”がシーンの話題を席巻した。J. Coleが昨今の「Black Lives Matter」ムーブメントに積極的なコミットやサポートが出来ない苦悩を明かした同曲は、SNS上で人気ラッパーがBLMに対する寄付や支援を行うことを要求する発言を行ったNonameに対する言及が含まれており、これを受けたNonameが新曲の中で反論を行ったのが事のいきさつである。今回、Nonameがこの一件を振り返って後悔が残っていることを明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。