レコード業界の復活を探究する新たな協議会『Making Vinyl』

このデジタルの時代に、なぜアナログレコード業界が伸びているのか調査する協議会『Making Vinyl』が設立。第一回が11/6と11/7にデトロイトで開催されることが決定した。

昨年2016年は、アメリカ内のアルバム売上(CDアルバム、デジタルアルバム)がここ10年で最も低い年だった。ストリーミングが普及し、アルバム単位で購入する人が減少しているからだ。しかしアナログレコードだけは売上を伸ばしている。『Making Vinyl』は再びトレンドとなっているアナログレコードの復活の理由を探究するための協議会である。

記念すべき第一回は今年11/6と11/7の二日間、デトロイトのWestin Book Cadillacホテルで開催される。スポンサーはジャックホワイト主宰のレコードプレス工場『Thirdman Records』。そして『Record Store Day』と共同での開催とのこと。

『Making Vinly』は、「『Record Store Day』は再び人々が音楽を聞く選択肢としてアナログレコードを選ぶようになった1つの重要な要因」であると語る。

この協議会は

・アナログレコードがフィジカル音源のスターになったことを祝う

・知っておくべき、レコード生産のチャンスと落とし穴を伝える

・一時的なブームで終わらないようにレコードの再熱を確固たるものにする

・レコード生産におけるサプライチェーンの最新の実用的な情報を共有

・これらに関わる人々の人脈とネットワーク作り

などを目的におこなわれる。

協議会『Making Vinyl』は8/21より参加者を募集開始する。参加の応募はこちらの公式ページから可能になる。

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。