Tyler, The Creatorによるアニメシリーズ『The Jellies!』。なぜ黒人を主人公にしたか語る

Tyler, The Creatorがサンディエゴ州で開催されたアメリカンコミックの祭典「コミコン2017」に登場。記者会見で自身が制作するTVアニメシリーズ『The Jellies!』について語った。記者から「なぜ主人公を黒人のキャラクターにしたのか?」という質問があり、Tylerがそれについて解答している。

『The Jellies!』はクラゲの家族に育てられる、Cornell Jellyという少年の話で、もともとはTyler, The Creator公式アプリの『Golf Media』内で配信されていたアニメシリーズ。アプリ内で配信されていた時は主人公のCornellは白人の少年だったのだが、今年夏よりテレビ放映される新シリーズに伴い、主人公Cornellは黒人になり、声優も変更されている。tylerthejellies

『コミコン2017』の会見で女性記者が「なぜ主人公を黒人のキャラクターに変更したのか」と質問をすると、Tylerは「アニメに黒人のキャラが少なすぎる」と感情的に答えた。「いま放送されてるアニメで黒人のキャラを何人思い浮かべられる?」と逆に記者に質問。「唯一いた黒人キャラクターの『サウスパーク』に登場するシェフも、作品内で殺されてしまってもういない」と現在のテレビアニメに印象に残る黒人のキャラクターが、全くいないことを指摘するTyler。「だから俺はこいつを黒人にした。黒人だからといってこいつには銃を持たせないし、バスケもしない、バカなキャラクターにもしないし、脇役にもしない。黒人のこいつを主人公にしてテレビでちゃんと放映する」と主張すると、会場は歓声に包まれた。いままで人々が勝手に黒人のアニメキャラクターに持っていた、ステレオタイプなイメージをアニメで変えていくようである。

6560b2074db6d110f5ecbf103e9b1de0--chef-south-park-paleo-chocolate

『The Jellies!』の新シリーズは今夏よりテレビ番組『Adult Swim』で放送開始されるとのこと。『Adult Swim』はアニメチャンネル、カートゥーンネットワークが大人向けに放送するための深夜の時間帯の名称。18歳以上の視聴者を想定した番組となる。

新アルバム『Flower Boy』をリリースしたばかりのTyler, The Creator。音楽以外にも様々な活動を用意しているようで、しばらくは大忙しなようである。

『コミコン2017』での会見の様子はこちら

新アニメ『The Jellies』のトレーラーはこちら

related

Tyler, The CreatorがOdd Futureの新作がリリースされる可能性を「ありえない」と否定

昨年リリースのアルバム『IGOR』でグラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞するなど、今やアーティストとして不動の地位を確立したTyler, The Creator。そんな彼といえばFrank Ocean、Earl Sweatshirtらを擁するコレクティブOdd Futureのリーダーとしてデビューしたが、現在は活動を実質的に休止している同コレクティブについてTylerが語っている。

Virgil AblohがTyler, The Creatorのグラミー賞に対するコメントについて「全く同じ感情だ」と同意を示す

2020年グラミー賞にて最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。受賞後のインタビューにて自身の音楽を「ラップ」や「アーバン」というジャンルのみにカテゴライズされることへの不満を語り話題を呼んだ彼だが、そんな彼にOff-WhiteのデザインやLouis Vuittonのメンズウェアを手がけるVirgil Ablohが賛同の意を表明している。

グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。