米オレゴン州、MDMAやコカインなどの薬物の合法化に向かって動き出す

アメリカのオレゴン州は、はじめて大麻を合法化した州のひとつ。アメリカの西部に位置するこの州がMDMAやコカインを含む6種類の違法薬物を合法にするための前代未聞の法案を議会に提出したとのこと。

まず最初に「重罪と軽犯罪に分類される罪の中で薬物関連のものを減らす」法案を下院に提出。そしてその後「過去に重罪な犯罪歴、または二回以上の薬物犯罪歴のない人に限り、この6種類の薬物の摂取を合法とする」法案を下院に提出。この両方案は下院も上院も通過し、現在州知事が承認するのを待っているだけの状態である。

もしこの法案が通れば、オレゴン州は世界で初めてMDMA、コカイン、ヘロイン、メタンフェタミン(覚せい剤の一種)などの違法薬物を合法化した州となる。ただし合法化されるのは個人利用のための量のみであり、流通などは行えないとのこと。

オレゴン州の議員たちがこの法案を提出したのは、薬物依存などの社会問題を犯罪問題として扱うのではなく健康問題として考えていくのが目的。

上院議員のJackie Wintersは「我々は政策を刑務所ではなく治療に向けたい」そして「薬物依存が問題の根本にあるのに、刑務所を増やしているだけでは解決にならない」と説明した。

RELATED

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

Lil PumpがLeanを止めることはないと前言撤回

Lil Pumpは今年に入り、一度ドラッグを絶つ宣言をしたものの、Lean Pongをしている様子を投稿するなどその真意はわからないまま。しかし、Lil PumpがLeanを手放すのはまだ先になりそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。