A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

A$AP Rockyは「ライブ終わりは乱交パーティをしている」との衝撃的な告白も行ったGQのインタビューにおいて、「マリファナは俺には良くなかった」「もう完全にやめたよ」と、なんと大麻も含め薬物を完全に断った生活を送っていると語った。また、「人がドラッグを使うのは悪いことをするためなんだと思う。彼らは自分の中に悪魔のようなものを飼っているんだ。でも、もしドラッグに頼っているんだったら、そもそもお前には音楽を始める才能が無かったんだと言いたい」と、クリエイティブでいるためにドラッグを使用するアーティストには才能が無いと一刀両断している。

A$AP Rockyは“L$D”などドラッグをテーマにした楽曲もあり、また昨年を代表するクラブバンガーとなった“Praise The Lord (Da Shine)”はフィーチャーしたSkeptaと共にLSDでトリップしている状態でリリックを書いたともGeniusの歌詞解説にて明かしている。しかし、どうやら彼はあくまでファッションのためにドラッグを使用していたのであって、決して自らのクリエイティビティを高めるためドラッグに頼っていた訳ではないようだ。

先日はFutureもリーンをやめたと告白するなど、ドラッグを好むイメージのあるラッパーたちが続々とドラッグから離れてゆく流れが活発になっている。ドラッグをやめることは確実に健康に良いだろうが、今後もこの流れに追随するラッパーは増えていくのだろうか?

RELATED

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

【スペシャルインタビュー】A$AP Rocky 『CK50コレクション』 | 「いつだってCalvin Kleinのモデルをやりたいと思ってた」

Calvin Kleinの創立50周年の記念コレクションとしてリリースされた『CK50コレクション』。

CALVIN KLEINの創立50周年を記念したカプセルコレクションのキャンペーンにA$AP Rocky、Justin Bieber、Kendall Jennerなどが登場

ストレートな自己表現と挑発的な姿勢を貫くCALVIN KLEINが、創立50周年の記念にCK50コレクションを発売した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。