Tyler, The CreatorがA$AP Rockyに対して「制作中のプロジェクトについて喋るのをやめろ」と要求

“Potato Salad”や“Who Dat Boy”を始め幾度もコラボレーションを行い、プライベートでも親友として知られるTyler The CreatorとA$AP Rocky。しかし、今回Tyler, The CreatorがA$AP Rockyのある言動に対して苦言を呈している。

先日、Tylerは自身のTwitterにて「Rocky、俺はお前が長い間取り組んでるプロジェクトについて黙ってほしいと思ってるよ。もしそれがフレッシュなアイデアだったとしてもだ。何度も言うけど、出てないものに対して希望を持ったり失望したりするな。そんなもんは存在しないんだから」と発言。

A$AP Rockyは近頃インタビューなどで頻繁にTylerと共に制作中だというプロジェクトについて口にしているが、Tyler本人はどうやらそれに対して良い感情を抱いていないようだ。

情報を小出しにすることによってリスナーの期待を煽るのは多くのアーティストが行う宣伝の手段だが、Tylerはまだ完成していない作品に対して変な期待を持たれたくないと考えているのかもしれない。

いずれにせよ、本格的にA$AP RockyとTyler, The Creatorが手を組んで作った作品が話題となることは間違いない。それがどんな形の物になるかは今の所不明だが、二人の動きにこれからも注目すべきであることは確かだろう。

RELATED

Tyler, The Creatorの楽曲“Radicals”のリリックを大学構内に書いた大学生が起訴される

デビューした当時は過激なリリックで知られ、その内容が社会問題にもなったTyler, The Creator。その初期の楽曲のリリックを巡って、またもやトラブルが起こってしまったようだ。

A$AP Rockyの判決が控訴されず保護観察処分が確定

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月に及ぶ拘留の末裁判で2年間の保護観察処分に処されたA$AP Rocky。現在はアメリカに戻り活動を行なっている彼だが、今回、裁判の上告が行われず2年間の保護観察処分という判決が確定したことが報じられた。

A$AP Rockyに有罪判決と2年間の保護観察処分が下される

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こしたことにより、1ヶ月にわたり拘留された後、現在はアメリカに戻ってきているA$AP Rocky。トランプ大統領が動くなど国家間をも巻き込む大騒動となったこの事件だが、ついに彼に判決が下された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。