Forever 21とGucciがストライプ模様の権利をめぐり泥沼の争い

いろいろなデザインを無許可でリップオフしたり盗用を繰り返してきたForever 21。訴えられてもおかしくないほど、何度もデザインの盗用で話題になっているのだが、今回はなんとForever 21側が訴訟を起こすとのこと。GUCCI風と言われている3色のストライプ模様の柄の利権について争い、Forever 21はGUCCIを訴えた。

ことの始まりは昨年12月にGUCCIがForever 21に対して、「青赤青」または「緑赤緑」のストライプ柄を使用した商品の使用停止を求める文章を送付したこと。この3色の縞模様は古くからGUCCIが使っていた柄であり、1980年に政府公認で登録商標の保護をしている。

その後、今年頭にGUCCIはストライプ柄を使った商品を取り下げなければ訴状を提出するとForever 21に勧告。その結果Forever 21が逆に訴訟に出たとのこと。Forever 21がカルフォルニアの裁判所に出した訴訟の内容は、Forever 21がGUCCI風のストライプ柄を使用する許可を求めるだけではなく、さらにGUCCIのストライプ柄の商標の取り消しも求めている。

「青、赤、緑の色や、ストライプ柄のデザインは衣類やアクセサリーでよく利用され、数え切れないほどのブランドが売っている」「GUCCIだけが青赤青と緑赤緑柄のストライプ柄の専売特許を持っているのはおかしい」とForever 21は述べている。

これに対してGUCCI側は「Forever 21はデザインの盗用や版権を侵害して利益を得る方法が確立している。今回の訴訟も露骨なコピー商品から注意をそらすためのものだろう」とThe Fashion Lawで語っている。

こちらが

00190660-02
Via Forever 21(キャッシュ)

Forever 21のような大手ファストファッションチェーン店を訴えるのには膨大な資金が必要なので小さなブランドであると簡単に訴訟できないが、今回は両者とも大きなブランドなのでもし裁判に持ち込まれたら長引きそうである。

RELATED

Futureが批判の対象となっているGucciについて「自分の金で買った物だから着続ける」と語る

人種差別を連想させるセーターを発売したことで物議を醸し、一部の間で不買運動が行われているGucci。先日は不買運動の急先鋒であるT.I.がGucciを来ていた一般男性に道端で説教をしたことが報じられたが、今回、FutureがGucciを批判する声についてリアクションしている。

T.I.がGucciを着ていた見知らぬ一般人男性を道端で叱りつける

先日、Gucciが発売したマスク付きセーターが黒人差別に用いられる表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題視された。Gucciに対してはヒップホップシーンからも様々なリアクションが寄せられたが、不買運動の急先鋒に立ち強く抗議の声を上げていたのがT.I.であった。今回、T.I.が道端でGucciを着ている一般人男性に対して説教をしたことが話題となっている。

Young Thugが問題となったGucciのブラックフェイスセーターを着ている動画を公開

Gucciから発売された、顔の下半分を覆うマスクのついた黒のセーターが黒人を差別する表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして議論の対象になったことは記憶に新しい。Lil Pumpが「Gucciはもう買わないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言し、またT.I.とフロイド・メイウェザーのビーフが再燃するきっかけになるなどヒップホップシーンにも様々な騒動を巻き起こしたあのセーターを、Young Thugが着ていることが話題となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。