「4:44」という謎の広告がインターネット上やNYに出現。Jay Zの新作を予告か?

先日海外のニュースサイトに「4:44」と数字が書かれただけの、謎の広告が出現。この広告主がJay Zがオーナーを務める配信サービスTIDALだったのが判明し、どんな意味の広告なのかと話題になっていた。

そしてこの広告はネット上だけでなく、NYの地下鉄や、タイムズスクエアにも出現。

ネットの掲示板などでは、この広告の謎を解析する動きも始まっており、ある解析者がこの広告のソースコードにSuperHeroという文字列を発見。

Jay Z
Via KanyeToThe

このSuperHeroという文字列が発見されたことで、TIDALのSuperHeroであるJay Zのニューアルバムの予告であるという説が有力視されるようになった。

実際Jay Zは最近ZaytovenやSwizz Beatzなどのビートメイカーと一緒に写真に収まっており、なんらかの動きをしている可能性は高い。また今後のフェス出演も決定しており、それまでに新作をリリースするのはスムースな流れだと考えられる。

では「4:44」とはどんな意味なのか。これがそのままアルバムタイトルになるのか。それともシリーズ化されている『Blue Print 4』を意味するのか。

今後のJay Zの動きに俄然注目が集まる。

 

 

RELATED

Jay-Zが史上初の10億ドルの総資産を持つラッパーになったことが明らかに

自身のレーベルRoc-NationやストリーミングサービスTidalなど、音楽だけでなく様々な事業で成功を収めているJay-Z。そんな彼が、ラッパーとして初めての億万長者になったことが明らかになった。

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

Jay-ZとRoc Nationが21 Savageをサポートするため弁護士を雇う

先日、アメリカに不法滞在していたという容疑で移民税関局によって逮捕されてしまった21 Savage。国外退去の可能性もあり危機に瀕している彼をサポートしようと、多くのアーティストやファンが「#Free21Savage」を叫んでいる。そんな中、Jay-Zと彼のレーベルRoc Nationが21 Savageと移民税関局との裁判をサポートするために動いていることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。