NBAファイナル第2戦終了後のキャバリアーズのロッカールームからマリファナの匂い?

NBAはファイナルの2戦目が終了、昨年同一カードで優勝を逃したゴールデンステート・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズに2連勝と、幸先の良いスタートを切っている。

2連敗を喫したキャバリアーズは、気持ちを切り替えて第3戦以降に臨みたいところだろう。2戦目終了後のキャバリアーズのロッカールームから、ある匂いがしてきたというのだ。

ベテランスポーツ記者のMike WiseがTwitterに下記のツイートを行った。

「キャブスのロッカールームから、強いマリファナの匂いがしたよ。ここはカリフォルニアだからね。2連敗の痛みを和らげるためだ」

もう1つのツイートでは「僕は誰がマリファナを吸っていたかはわからないよ。メディアの人間もいれば、選手もいたし」とWiseは選手がマリファナを吸っていたかどうかはわからないと指摘している。

さらに別の記者もロッカールームでマリファナの匂いがしていたことを認め、「ロッカールームにはいつもの3倍の人数の記者がいた。怪しげなメディアの人間もいたし、誰がマリファナを吸っていたかはわからない」とTV番組に出演した際に話している。

本当に選手が吸ったかはわからないが、Twitterでは選手が吸っていた場合、誰が吸っていたかに注目が集まっている。

キャバリアーズは3戦目以降立ち直るのだろうか、次戦以降に注目が集まる。

RELATED

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

Drakeが地元のNBAチームであるトロント・ラプターズを勝利に導くため相手チームに呪いをかける

以前紹介した、「サッカー選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが試合に負ける」という「Drakeの呪い」を覚えているだろうか?今回、Drakeが自身の不幸な能力を逆手にとって地元のNBAチームを援護したようだ。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。