Kodak Blackに1年の実刑判決が下る。ただし1ヶ月で出所できる可能性も

自宅監禁処分中の、度重なる違反行動で再び収監されていたKodak Blackに1年の実刑判決が下った。

Kodakは本日行われた裁判で司法取引を行い、家族や友人、ファンに謝罪を行った。1年の判決は出たものの、Kodakは刑務所内での課題を完璧にクリアすれば1ヶ月で出所できる可能性もあるという。

所属するAtlantic RecordsのスタッフはKodakのためにカウンセラーを雇い、サポートしていくという姿勢をみせている。

 

RELATED

Kodak Blackが裁判で銃器所持など複数の罪を認めたことが明らかに

今年5月、Rolling Loudに出演する直前にアメリカとカナダの国境で逮捕されたKodak Black。銃器所持や薬物所持など複数の容疑がかけられていた彼が今回、裁判で自身の有罪を認めたことが明らかになった。

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

Rolling Loud前に逮捕されたKodak Blackが10年の服役に処される可能性

先日のRolling Loudに出演予定だったものの、会場入りの際に銃を所持していることが発覚しまたもや逮捕されてしまったKodak Black。そんな彼に、いよいよ重い刑罰を下される可能性が浮上しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。