実録『ブレイキング・バッド』 | アメリカで化学教師が違法薬物製造で有罪に

TVドラマ『ブレイキング・バッド』といえば、エミー賞を受賞するなど高い人気を誇る作品として知られている。

ストーリーは余命わずかの高校の化学教師ウォルターが、低所得者層向けの覚せい剤であるメタンフェタミンの密造を始めることで、人生が狂っていくというもの。

その人気ドラマの撮影が行われたニューメキシコ州で、実録『ブレイキング・バッド』といえる事件が起こり話題となっている。

この事件の主役はウォルターと同じく高校の化学教師であるJohn W. Gose被告、56歳。被告が昨年10月に車を運転していたところ、警察が車の中から発泡スチロールの中に白い物質が入った試験管を大量に発見。家宅捜索をしたところ、メタンフェタミンを製造するための原料が見つかり逮捕された。末端価格にして450万円ほどの量だったとLas Cruces Sun Newsが伝えている。

Goseは8年半Irvin高校で化学教師として勤務し、新たにOñate高校に着任したばかりで御用となった。

『ブレイキング・バッド』のウォルターのように、Goseがなぜドラッグの密造に手を染めたのかが明かされる日はくるのだろうか。そこには一体どんなストーリーがあるのだろうか。

RELATED

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。