実録『ブレイキング・バッド』 | アメリカで化学教師が違法薬物製造で有罪に

TVドラマ『ブレイキング・バッド』といえば、エミー賞を受賞するなど高い人気を誇る作品として知られている。

ストーリーは余命わずかの高校の化学教師ウォルターが、低所得者層向けの覚せい剤であるメタンフェタミンの密造を始めることで、人生が狂っていくというもの。

その人気ドラマの撮影が行われたニューメキシコ州で、実録『ブレイキング・バッド』といえる事件が起こり話題となっている。

この事件の主役はウォルターと同じく高校の化学教師であるJohn W. Gose被告、56歳。被告が昨年10月に車を運転していたところ、警察が車の中から発泡スチロールの中に白い物質が入った試験管を大量に発見。家宅捜索をしたところ、メタンフェタミンを製造するための原料が見つかり逮捕された。末端価格にして450万円ほどの量だったとLas Cruces Sun Newsが伝えている。

Goseは8年半Irvin高校で化学教師として勤務し、新たにOñate高校に着任したばかりで御用となった。

『ブレイキング・バッド』のウォルターのように、Goseがなぜドラッグの密造に手を染めたのかが明かされる日はくるのだろうか。そこには一体どんなストーリーがあるのだろうか。

related

【コラム】Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSがもたらす悪影響を、実際にそれらのサービスに従事していたエンジニアたちの告発を基に描いたNetflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』がテック業界を中心に大きな話題を呼んでいる。

『日本沈没2020』よりスピンオフとして向井太一やDaichi Yamamotoなどが参加した"シズマヌキボウ"のMVが公開

7月16日に配信開始されたNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』。そのスピンオフ企画として制作された、オリジナル楽曲"シズマヌキボウ"のMVが公開となった。シズマヌキボウプロジェクトに関してはこちらで紹介している。

【コラム】ヒップホップシーンから新型コロナウイルスにまで影を落とす陰謀論の危険性

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、アメリカ人の3割が「ウイルスは研究所で人工的に作られたものである」という陰謀論を信じている、との調査結果が発表された。確かにウイルスの実際の出所にはまだ不確定な要素は多いものの、アメリカではトランプ大統領、日本では麻生財務大臣を始めとする国会議員やその支持者が新型コロナウイルスを発生源となった都市の名称で呼ぶなど、このような軽はずみな議論はレイシズムに繋がりかねない。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。