Princeのストリーミングでの再生回数が6000%以上アップ。ワーナー時代のカタログの配信が開始されたことが引き金

昨年亡くなったスーパースターPrinceがワーナーミュージック時代にリリースしたカタログが、今週SpotifyやApple Musicなどの各ストリーミング・プラットフォームで配信開始となった。その効果が早くも出ている。

BillBoardが伝えたところによれば、カタログが配信開始される前の2日間と、開始直後の2日間を比較するとPrinceのストリーミング再生回数はなんと6.323%アップの477万回となった。

これまで『Purple Rain』や『1999』、『Sign O’ the Times』などのアルバムはTIDALだけで配信されおり、今回配信開始されたワーナーミュージック以外のカタログはまだTIDALだけでストリーミングできる。

この2日間で最もストリーミング再生されたPrinceの楽曲は"Purple Rain"が33万回、"Let’s Go Crazy"と“When Doves Cry”が32万回となった。

RELATED

【コラム】Prince 『Anthology: 1995–2010』| 後追い世代から見るPrinceの巨大さ

私が生まれたのは1987年で、Princeが9枚目のアルバム『Sign o' the Times』をリリースした年だから、Princeの音楽に関しては後追いもいいところ(ミーハーなことを言うと6月生まれの双子座でPrinceと一緒!)。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。