Supremeの次のコラボアイテムは、Supremeロゴ入りニューヨーク地下鉄カード!?

ルイ・ヴィトンとのコラボを発表したSupremeは、2017 S/Sのコラボアイテムとして、ニューヨークの地下鉄公社であるメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)とコラボし、2回乗車券をリリースする。

South Ferry

A video posted by Supreme (@supremenewyork) on

先週末にSupremeのSSのコラボ相手としてリークされたのは、Schott®とのジャケット、Mechanix®と手袋、ワイヤレス・ヘッドホン、パズル、タオル、そしてニューヨーク地下鉄のカードだ。

ニューヨークの地下鉄を運行する公社のMTAは、今までにGap、ニューヨーク・メッツ、スーパーボールなどとコラボしてきた。お金を払って、MTAの承認を得ることできれば、簡単にコラボできる相手ではある。

MTAに25500ドル(300万円)を広告費として支払えば、ロゴが片面に印刷された50000枚のオリジナルMTAカードを発行してもらえる。2500万円を支払うと100万枚のMTAカードが発行される。両面にロゴ入りカードを5万枚発行しようとするならば、1300万円ほどの広告費が必要となるのことだ。

Supremeは昨年ロゴ入りのレンガを販売。Supremeはもはや何でもロゴを付けて売ることができるだけでなく、ロゴによって人々を走らせ、人々を戸惑わせ、議論させることができる存在となった。少なくともMTAカードは利用価値があるが。

related

BirkenstockのCEOがSupremeとのコラボを断った理由を明かす

ストリートウェアブランドのトップを走るSupremeは、これまでVansやNikeの様なスニーカー小売業者からLouis VuittonやJean Paul Gaulthierといった高級ブランドまで数多くの有名ブランドとコラボしている。そんな中、昨年8月にシューズブランドであるBirkenstockがSupremeとのコラボの辞退を発表したことが話題となったが、今回、BirkenstockのCEOがその一件の詳細な理由について語った。

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

ニューヨーク市が髪型による差別を禁止するガイドラインを設置か

ニューヨーク市人権委員会が、髪型での差別を禁止する新たなガイドラインを設置しようとしている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。