Gucci Maneが再び薬物中毒時代を振り返る。「暴力と精神疾患とドラッグで音楽が見えなくなっていた」

昨年出所し再び活動を再開したラッパーのGucci Maneは、出所後のインタビューで刑務所に収監される前は薬物中毒の状態となっていたと告白し、ファンを驚かせた。そのGucciがESPNの人気トーク番組『Highly Questionable』に登場し、再び薬物中毒の時代を振り返っている。

Gucciはインタビューの中で、刑務所に収監される前の時期について「暴力と精神疾患と、ドラッグ」に支配されていたと答え、「音楽が見えなくなっていた」と語る。その結果としてPTSDのような症状を経験したとも話すGucciは「他人を殺してしまうんじゃないかという不安があった、それは誰かがおれのことを傷つけるんじゃないかという恐れから来ていた」と打ち明けた。

さらにインタビュアーにドラッグのやりすぎで死ななかったことについて驚くか?と聞かれたGucciは「100%驚いている。今日ここにいるのを感謝しているよ」と話す。GucciはLeanの過剰摂取で、体重が最高で136キロにもなっていたという。

そして薬物中毒から抜け出そうとした時期については「世界でもっともひどい気持ちになった」と語り、「体も心もボロボロになった。長期間やればやるほど、食べ物みたいな感覚になるからな。飢えが襲ってくるよ、とても言い表すことはできないよ」と薬物中毒の恐怖を語る。

Gucci ManeのESPNでのインタビューはこちらで見ることができる。

related

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

ついにGucci ManeとGucciのコラボが実現 | LOOKはハーモニー・コリンが撮影

10月1日、Gucci Maneが自身のInstagram上でファッションブランドGucciとのコラボレーションが決定した事を発表した。Gucci Maneは『Gucci Cruise 20』というコレクションに参加し、映画監督のハーモニー・コリンが制作した、いくつかのルックを自身のInstagra...

ILoveMakonnenが「Gucci Maneとコラボしたとき、彼は全くサポートしてくれなかった」と明かす

ヒップホップシーンにおいては、別のアーティストとのコラボを行うことによって彼らからのサポートやフックアップを受け、自身のセールスやキャリアを向上させるという手法が一般的だ。しかし、憧れのアーティストとのコラボを行なったものの全くサポートを受けることが出来ないケースもあるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。