Facebook Liveに新機能「Facebook Live Audio」が登場

先週ライブ360度動画サービスをローンチした、ライブ動画などの機能追加を進めるFacebookが、新たにFacebook Live Audioというサービスを追加することが発表された。

文字、動画、ライブ動画でパブリッシャーが情報を発信することがができたが、今まで「音声のみ」のサービスはなかった。Facebook Live Audioでは、音声のみのライブ配信、また音声配信に加えて静止画を配信することもできる。

NewImage
このことによって、ブロードキャスターたちは強い電波やネット環境がなくても、リアルタイム配信を行うことができるようになる。

インタビューから本の朗読まで、もしくはミュージシャンの演奏など、更なるインタラクティブな配信が可能になる。もちろんニュース・フィードにポップインするので、フォローしている人たちのライブ配信を逃すこともないだろう。もちろんコメントを残したり、リアクションを送ることもできる。

ラジオなどの音声コンテンツはなにかをしながら聴くことができるので、近年パブリッシャーたちは、オーディエンスたちと強いコネクションを作り上げるためにこの分野に力を入れている。iOSやAndroidのアプリなら、Facebookのアプリを立ち上げたまま、他のアプリを使用してもライブを聴き続けることができる。

NewImage

数週間のうちに、BBC World Service、LBC、Harper Collinsandなどのパブリッシャーがテスト配信を行い、来年には一般ユーザーも使用することができるようになるとのことだ。

related

Snapchatのレンズフィルターから2016年に人気が出たものを紹介

毎日1億5000万人のユーザーが使用するSnapchatの2016年人気フィルタートップ10を紹介。

Mark Zuckerbergが開発を進める家事AI「Jarvis」の声はモーガン・フリーマン

FacebookのCEOMark ZuckerbergがAI(人工知能)のプロトタイプを公開した。Jarvisと名付けられたAIアシスタントが彼の家の中で働いている様子を映した動画を公開した。

米大統領選挙でGoogleとFacebookがフェイクニュースを拡散したことにより、ネットへの不信感高まる

現代は、誰でも瞬時にネットから情報を得ることができるようになった。しかし、それらの情報は全てが正しいというわけではない。この記事を読んだ後には、ネットで得る情報を今まで以上に疑ってかかることになるはずだ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。