躍進を遂げたSkeptaのドキュメンタリー・ムービー『Skepta: Greatness Only』

5月にリリースされたアルバム『Konnichiwa』が英国最高峰の音楽賞であるマーキュリー賞を受賞したグライムMCのSkeptaにとって、2016年は前例の無い躍進を遂げた一年となった。年の瀬を尻目に前進し続けるSkeptaは、自身のドキュメンタリー『Skepta: Greatness Only』を公開した。

『Skepta: Greatness Only』は、ラジオステーションBeats 1パーソナリティDJ Julie Adenugaによる脚本のもと、PharrellとDJ Semtexによるエクスクルーシブなインタビューがフィーチャーされている。

ドキュメンタリー内ではSkeptaの社会へと向けられた意識をうかがい知ることができる。ローカルを軽視せず、しかし固執もせずに自らの流儀で大きな枠組みと向き合う姿勢には、未知を恐れない風通しの良さがある。その結果としてDrakeやA$AP Rockyとのリンクが生まれたとも言えるだろう。UKアンダーグラウンドシーンの旗手Skeptaがどこから来てどこへ向かうのか、その一端が見えてくる。

本作品は現在Apple Music上で限定公開されているので、これを機に新たな流れを感じてほしい。

 

RELATED

豊田利晃監督の新作短編『狼煙が呼ぶ』のスペシャル上映イベントがWWWで開催決定

『ポルノスター』、『青い春』、『空中庭園』などで知られる豊田利晃監督の新作短編『狼煙(のろし)が呼ぶ』のスペシャル上映イベントが東京・渋谷のライヴハウスWWWで開催されることになった。

GEZANのドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』公開初日に投げ銭上映が決定

GEZANのドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が、いよいよ6/21(金)から公開となるが、今回GEZANの活動にシンクロする前代未聞の上映方法が決定した。

SkeptaがベルリンのライブプラットフォームCOLORSで“No Sleep”をパフォーマンス

先日ニューアルバム『Ignorance is Bliss』をリリースしたSkeptaが、アーティストのライブを動画配信するベルリンのプラットフォームCOLORSに登場。『Ignorance is Bliss』から“No Sleep”をパフォーマンスしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。