躍進を遂げたSkeptaのドキュメンタリー・ムービー『Skepta: Greatness Only』

5月にリリースされたアルバム『Konnichiwa』が英国最高峰の音楽賞であるマーキュリー賞を受賞したグライムMCのSkeptaにとって、2016年は前例の無い躍進を遂げた一年となった。年の瀬を尻目に前進し続けるSkeptaは、自身のドキュメンタリー『Skepta: Greatness Only』を公開した。

『Skepta: Greatness Only』は、ラジオステーションBeats 1パーソナリティDJ Julie Adenugaによる脚本のもと、PharrellとDJ Semtexによるエクスクルーシブなインタビューがフィーチャーされている。

ドキュメンタリー内ではSkeptaの社会へと向けられた意識をうかがい知ることができる。ローカルを軽視せず、しかし固執もせずに自らの流儀で大きな枠組みと向き合う姿勢には、未知を恐れない風通しの良さがある。その結果としてDrakeやA$AP Rockyとのリンクが生まれたとも言えるだろう。UKアンダーグラウンドシーンの旗手Skeptaがどこから来てどこへ向かうのか、その一端が見えてくる。

本作品は現在Apple Music上で限定公開されているので、これを機に新たな流れを感じてほしい。

 

RELATED

GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開

2009年の結成以来精力的な活動を続け、野外フェス『全感覚祭』やレーベル『十三月』を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンドGEZAN。そんな彼らのアメリカツアー、アルバムのレコーディングを追ったドキュメンタリー『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』の予告編が公開となった。

ヴィム・ヴェンダースの名作『ベルリン・天使の詩』がBunkamura ル・シネマで2週間限定上映

東京・渋谷のBunkamura ル・シネマで5/3(金・祝)からの2週間限定でドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース監督不朽の名作『ベルリン・天使の詩』の上映が決定した。

ジャズ・レーベルの代名詞的存在のブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

今年レーベル創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコードは、マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し長きにわたりジャズの世界をリードし続けてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。