E-40が登場し、Kodak BlackとLil Yatchyの「ブロッコリー」をめぐる争いに決着か

先日FNMNLでも紹介したKodak BlackとLil Yatchyの「ブロッコリー」のスラングをめぐる争いに、ベテランラッパーのE-40が決着をつけようとしている。

E-40のInstagramへのポストでわかったことは、彼がこの「ブロッコリー」というスラングを90年代から使っていたということだ。 E-40がシェアしたのは1993年の "Practice Lookin' Hard"のミュージックビデオ。

「俺は1993年に"Practice Lookin' Hard"で「ブロッコリー」を使ってる。それに1998年には俺のダブルゴールドのアルバム『The Element of Surprise』で"BROCCOLI"って曲を作ってるぜ。」というキャプションとともにE-40はこれをInstagramに投稿した。


また「歌詞のWikipedia」などといわれるサイト「Genius」によれば、E-4oは"Practice Lookin' Hard"で、ウィードのスラングとして「ブロッコリー」を使った経緯について以下のように語っているという。

「俺が(医療用の)マリファナをブロッコリーと呼び始めたのは、色が緑でふさふさしてたからだ。1993年にプロデューサーのStudio Tonと医療用のそれを見たとき、俺たちは"これってブロッコリーそっくりじゃん"、"レタスとも呼べるな"って感じになったんだ。」

Geniusの解説ページはこちらから。

(辻本秀太郎)

related

Kodak Blackが3年10ヶ月の服役刑を不服として控訴

今年5月にアメリカとカナダの国境で銃器所持などを理由に逮捕され、今月13日に3年10ヶ月の服役刑を命じられたKodak Black。そんな彼が、判決を不服として控訴し新たに裁判を戦おうとしているようだ。

Kodak Blackに銃器所持の罪による3年10ヶ月の服役の判決が下される

今年5月、Rolling Loudに出演する直前にアメリカとカナダの国境で逮捕され、8月に裁判で自身の有罪を認めたKodak Blackが遂に今月13日、銃器所持の罪によって懲役3年10ヶ月の判決が下された。   この投稿をInsta...

Kodak Blackが裁判で銃器所持など複数の罪を認めたことが明らかに

今年5月、Rolling Loudに出演する直前にアメリカとカナダの国境で逮捕されたKodak Black。銃器所持や薬物所持など複数の容疑がかけられていた彼が今回、裁判で自身の有罪を認めたことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。