注目のシンガーSamphaミニインタビュー

SBTRKTに見出され、Kanye WestをはじめDrakeやFrank Oceanなど数々のアーティストの作品に参加してきたUKのシンガーSamphaが来週12/7に渋谷WWW Xで初来日公演を行う。さらにSamphaは12/6に豊洲PITで開催されるThe xxのライブにもゲストシンガーとして出演する。エクスクルーシブなソロピアノセット公演を前にSamphaがFNMNLのミニインタビューに答えてくれた。

質問・構成 和田哲郎 取材協力 Beatink

- デビューアルバムをとても楽しみにしています!あなたにとってどんな作品になったかを聞かせてもらえますか?

Sampha - 僕にとってこの作品は、完成させるまでに掛かった2年間の記録みたいなものかな。僕が自分自身の存在に向き合いながら、それを問い、他との関係性を一から分析した記録だということ。さらに言えば、僕と音楽制作の関係を象徴する表現だったり、変化だったりもする。ピアノを前にしたり、PCを前にしたりしてね。ボーカル・パフォーマンスやプロダクションにおいては、今まで僕が作ってきたものの中で一番直接的な音楽だと思うよ。

 

- いつ頃からこのアルバムの制作に取り掛かりましたか?また、この作品を制作していく過程の中での試練はありましたか?

Sampha - 2014年の夏頃に始めた。難しかったのはすでに歌詞が出来上がっているものに音をつけること、またその逆でドラム・リズムが出来上がっているものに歌詞をつけていくこと。とても自然なことだとは思うけど、その二つの要素が一度に組み合わさることはとても稀なことだと思う。

- Kanye WestやDrake、Frank Ocean、SBTRKTらと仕事をしてきているかと思いますが、このようなアーティストたちと仕事をしていく中で印象的だった思い出はありますか?

Sampha - Drakeの仕事の速さや、デモや他の曲においての音楽的な記憶力には驚かされた。あとはSBTRKTと彼の家で何時間にもわたってセッションをしていたのはいい思い出だね。

- 10代前半から作曲を始めたことを以前読んだことがありますが、あなたを作曲に導いたのはなんですか?

Sampha - 僕は昔から何かを作る事に対してとても意欲があって、音楽に関しては常に自分の心と思考に意味を与えてくれた。あと、学校の宿題を先延ばしにするのに一番いい口実だったね。制作ができる環境を作ってくれた友人や家族に影響されたね。例えばCubase(作曲ソフト)があった僕の兄弟の部屋とかね。

- 今回の来日公演でピアノの弾き語りのセットを選んだ理由はなんですか?

Sampha - ロジスティック面の都合もあるけど、シンプルに僕がピアノの弾き語りをするのはいたって自然かつ健全な事だからね。完成した曲を初めの頃のような状態までそぎ落としたものをオーディエンスに体験してもらうことができるのは嬉しいよ。ピアノに向き合い歌うことは、僕にとってプライベートな事だけど、勇気を持って、それを皆と共有できることはとてもいい経験になると思う。

- 作曲する際に達成しようとする最も大事なことはなんですか?

Sampha - 感情にコネクトし、何かを伝えること。時々、曲というものが写真のように思えることがあるんだ。歳を重ねるごとに記憶は薄れていくので、時や場所を思い出させてくれたりすることは僕にとって、とても大切な事なんだ。ありがとう!

<Info>

Sampha Solo Piano Set

12月7日(水)渋谷 WWW X
開場19:30 開演20:30
スタンディング 前売り:¥3,500

問い合わせ:03-3444-6751(SMASH)
企画/制作:SMASH
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751
smash-jpn.com

smash-mobile.com

■チケット詳細
一般発売:発売中
e+(イープラス)、ぴあ(P:313-738)、ローソン(L:75083)

The xx

12月6日(火)豊洲PIT
開場18:00 開演19:00
前売:¥9,000(standing、1ドリンク別)

The xx
Guest: Sampha

問い合わせ:03-3444-6751(SMASH)
企画/制作:SMASH
総合問合せ:SMASH 03-3444-6751

smash-jpn.com

smash-mobile.com

■チケット詳細
一般発売:発売中
東京 :e+、ぴあ(P:313-155)、ローソン(L:73355)

 

related

【インタビュー】人見太志(グローバル・ハーツ 取締役)|『パンデミックで変わる音楽業界のビハインドザシーン』Vol.1

大型音楽フェスの相次ぐ中止やライブ公演の延期など、現在世界中で巻き起こるコロナ禍の影響で、厳しい局面を迎えている音楽業界。そこでFNMNLでは、黒子に徹する人々や陰ながら音楽シーンに貢献する要の人物たちの率直な想いについて聞いた。彼らは現在の市場、あるいは今後の音楽シーンをどう見つめるのか。第一回目は、渋谷界隈のクラブシーンを牽引する「VISION」や「Contact」の運営元であるグローバル・ハーツから、取締役の人見太志氏が登場。

【インタビュー】藤原ヒロシ 『slumbers 2』|モダンなポップアルバムから読み解く思想

藤原ヒロシが約3年ぶりのフルアルバム『slumbers 2』をサカナクションが主宰するレーベル・NF Recordsからリリースした。本作のベースになっているのはハウス、ダブ、ガラージ、レアグルーヴといったダンスミュージックだ。もちろん彼はそれらをリアルタイムで経験しているが、このアルバムには懐古主義な古臭さが一切ない。感じるのはむしろフレッシュな初期衝動で、ディティールにベテランならではの洗練さを漂わせる。このアルバムの制作について話を聞いた。

【特集】Life with Tattoo Vol.2|『タトゥー彫り師医師法違反事件』を担当した亀石倫子弁護士 インタビュー

今回FNMNLでは、タトゥーへの理解を深め、より私たちの社会にとって身近に捉えるための特集をスタート。様々な形でタトゥーに関わる人々を通して、クールなファッションや自己表現として存在しながら、同時に社会の奇妙な歪みの煽りを受けてきたこの文化について改めて考えることを目的とした本特集。 Vol...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。