Vetementsプロデュースの「グラインダー」がペンダントネックレスとしてリリース

Vetementsがウィードファンのためのアクセサリーを2016秋冬コレクションに追加発表した。

 

大麻を細かくして、巻くためのグッズ「グラインダー」をペンダントにしてVetementsはリリース。シルバーとゴールド2種類。一見携帯灰皿に見えるデザインのケースはダイアモンド型の歯が付いており、この中に葉っぱを入れ、ゴリゴリする。

お値段は750ドル。

@maxfieldla

A photo posted by VETEMENTS (@vetements_official) on

Vetements(楽天)

RELATED

2500年前の墓地から古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡が発見される

北京の中国科学院・科学アカデミーのYimin Yang率いる考古学者チームは、中央アジアのパミール山脈にある2500年前の墓地で、古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡を発見した事をScience Advancesで発表した。

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。