Vince Staplesが大統領選でのドナルド・トランプの勝利について語る

大統領選挙でのトランプの勝利に対しての心境をVic Mensaがbillbordにエッセイとして表明したのはFNMNLで紹介した。そして、先日ラッパーのVince StaplesがVic Mensaとは違った見方をThe Cuz Showのインタビューで答えている。

 

ロサンゼルスのラジオ局、Power 106の番組"The Cuz Show"に出演した際、Vince Staplesはインタビュアーからトランプの勝利についてまず何を思ったかという質問に、「意味があることだと思う」と答えた。

続けて、「みんながトランプに投票したから、彼が勝利したんだ。フェアな戦いなのに、何か裏に仕掛けがあるなんて考えるのは間違っているよ。」と、今回の結果には驚いてはいない様子だ。

また、Vince Staplesの祖母はトランプの勝利をずっと前から分かっていたし、ヒラリーが勝っても、黒人は怒っただろうと語ったらしく、Vince Staples自身もアメリカ人にはもっと立ち向かう力が必要だと感じているという。

最後に、Vince Staplesはトランプの勝利という結果は「トランプのことよりも俺たち自身のことを考えなければならない。」「もしあなたが正しいことを言ってるのに、相手が怒りだしたら、なにを考えてんだって思うだろ?」と、選挙のシステムの問題が理由ではなく、国民同士の根本的な問題であり戦いだと述べた。

Vince Staplesのインタビューの様子は下記のYoutubeから視聴できる。

RELATED

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

Vince Staplesが「ここ5年間でトイレットペーパーを切らしたことがない」と豪語

「音楽を聴くのが嫌い」を始めインタビューの度にユニークな発言を行い、芸風を確立した感のあるVince Staples。そんな彼が、生活必需品であるトイレットペーパーについて謎のフレックスを行なっている。

Coachella 2019でのBillie EilishのライブにVince Staplesがゲスト出演するも声が聞こえないハプニング

Coachellaの2日目に出演しライブを行なったBillie Eilish。非常にハイレベルなパフォーマンスとアルバムの大ヒットもありライブは大きな盛り上がりを見せたが、ライブの途中にちょっとしたハプニングが発生してしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。