インディー・ミュージシャンは一般的なビジネスよりコミュニケーション能力が必要とされていることが研究で判明

アメリカのノースカロライナ州立大学で行われた研究により、インディーロックのミュージシャンはシーンでキャリアを確立するために高いビジネス・コミュニケーション能力が必要とされることが判明した。

 

ノースカロライナ州立大学の博士課程でビジネス・コミュニケーションを専攻するStephen Carradiniさんは「21世紀にミュージシャンはどのようにお金を稼ぐのか、ということが知りたかったと」と取材に対して答えた。

インディー・ミュージシャンを悩ませるコミュニケーション

Carradiniさんは18組のインディー・ロックのミュージシャンに仕事に関するアクティヴィティについてインタビューを重ねた。その結果、ミュージシャンたちは「コミュニケーションに関するタスク」に多くの時間を割いていたことが判明。

「ミュージシャンは多くのオーディエンスたちとコミュニケーションをしなければいけませんでした。ファンや潜在的ファン、そしてブッキングエージェント、レコード・レーベルなど。そして彼はたくさんの種類の書類を取り掛からなくてはなりません。ビジネスEメールであったりソーシャルメディアのポストなど」と、Carradiniさんはミュージシャンのビジネス・コミュニケーションについて語る。

Carradiniさんは、これらミュージシャンにとってのコミュニケーションの活動を一般的なビジネスにおけるコミュニケーションと比較することで、メジャーレーベルと契約していないロックミュージシャンたちは、独特の難しい状況に立たされていることが分かった。

なぜインディー・ミュージシャンのコミュニケーションは大変なのか?

ミュージシャンは常にファンを探し続けていかなくてはいけない。これは非常に大変なことです。未だにファンじゃない人にどうやってリーチするのでしょうか?

次に「食っていける」状況になるまでは時間がかかるということ。つまりSNSやビジネスEメールなど多種多様なコミュニケーションのスキルが必要にも関わらず、コミュニケーション専門のプロフェッショナルを雇うのは難しい。

インディー・ミュージシャンとソーシャルネットワーク

また調査を行ったミュージシャンたちはいくつかのソーシャルメディアに対してフラストレーションを抱いていたようだ。特にFacebookに対して大きなフラストレーションを感じている。ミュージシャンはFacebookでファンベースを構築できることは分かっているが、そのファンたちにリーチ出来ないという事態が発生する。Facebookの仕組みとして、投稿されたポストに誰が、何人がリーチしたかがわからないようになっているからだ。

アーティストは「粘り強く」やっていくことが重要だとCarradiniは言う。

今回の研究でミュージック・ビジネスは他のビジネスと違うということが分かったが、それでも「ビジネスはビジネスで、うまくやりたいと思うなら大学かどこかでビジネス・コミュニケーションを学ぶのがミュージシャンにとってもよいのではないか」と著者はミュージシャンたちにアドバイスを送った。

論文はこちらから

via NC STATE NEWS

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。