BALの2016 AWイメージビデオが公開

東京を拠点にするストリートブランドBALの2016AWシーズンのイメージビデオが公開された。今シーズンのテーマは昨シーズンに引き続き「WHITE ROSES」。

BALらしいソリッドでありつつもユニークな落としこまれ方をしたアイテムを着用したモデルが映し出されるビデオに、花を添えるサウンドトラックは日本のラッパーCAMPANELLAの最新作『PEATSA』から"KILLEME"のインストが使われている。空間を切り裂くような存在感のあるビートは、街中でもしっかりとしたキャラクターを際立たせるBALのアイテムたちと近しい印象をあたえてくれる。

BALの2016AWのアイテムはフラッグシップストアをはじめとした各ディーラーやオンラインショップでデリバリーがスタートしている。

BAL(楽天)

RELATED

韓国ヒップホップシーンのオルタナティヴを掲示するXXXの来日公演が開催 | CampanellaやDos Monosも出演

ラッパーのKim XimyaとプロデューサーのFRNKによる韓国のヒップホップデュオで、ジャンルを横断する予測不可能なビートとテクニカルでシニカルなラップで異彩を放つXXXの緊急来日公演が決定した。 東京・渋谷のWWW Xで7/14(日)の深夜に開催されるこの来日公演には、XXXの他にも研ぎ澄...

【特集】Campanella、WONK・長塚健斗、Chaki Zulu & Awichが選ぶ『EGO-WRAPPIN'の名曲選』

20年以上に渡り日本の音楽シーンの第一線で活動を続けるバンドEGO-WRAPPIN'。そんな彼らの9作目となるニューアルバム『Dream Baby Dream』が、先日5月22日にリリースされた。

BALの2019 AW COLLECTIONのLOOKが公開 | テーマは「Chance Operation」

BALが2019 AW COLLECTIONのLOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。