BALの2016 AWイメージビデオが公開

東京を拠点にするストリートブランドBALの2016AWシーズンのイメージビデオが公開された。今シーズンのテーマは昨シーズンに引き続き「WHITE ROSES」。

BALらしいソリッドでありつつもユニークな落としこまれ方をしたアイテムを着用したモデルが映し出されるビデオに、花を添えるサウンドトラックは日本のラッパーCAMPANELLAの最新作『PEATSA』から"KILLEME"のインストが使われている。空間を切り裂くような存在感のあるビートは、街中でもしっかりとしたキャラクターを際立たせるBALのアイテムたちと近しい印象をあたえてくれる。

BALの2016AWのアイテムはフラッグシップストアをはじめとした各ディーラーやオンラインショップでデリバリーがスタートしている。

BAL(楽天)

related

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

【フォトレポート】Campanella 『"AMULUE" Release Live』

当初は5月に開催予定だったものの開催延期となっていたCampanellaの『"AMULUE" Release Live』が7/30(金)に渋谷・WWW Xで開催された。

CampanellaがKID FRESINOをフィーチャーした新曲"Puedo"をリリース | プロデュースはRamza

名古屋を代表するラッパーCampanellaが、新曲"Puedo"を本日7/21(水)にリリースした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。