グライムの起源はどこにあるのか?シーンはどのように形成されていったのかを振り返る

グライムの起源がどこにあるか? 確かに昨日ニュースになった1994年のゲーム『Wolverine: Adamantium Rage』をそのルーツのひとつに挙げることはできるだろう。シーンのトップDJのひとりLogan Samaの、自身の名前Loganや彼のレーベル名Adamantiumも、『Wolverine』に登場する。しかし、そのことにより同曲を“最初のグライム”と呼ぶのには躊躇してしまう。テレビゲームで遊び、ゲームのソフトで音楽を作るようになり始めたキッズたちが、無意識のうちにこの楽曲に影響を受けていたことは想像に難しくない。だが、それがシーンの中でどのように機能して生きていたのかが、音楽にとって重要なことなのではないのだろうか?……少なくとも我々が好きな音楽にとっては。こういうディスカヴァリーは単に楽しいということに間違いはないのだけれど。

by 飯島直樹 

『Wolverine: Adamantium Rage』がリリースされた1994年のイギリス音楽シーンは、ハードコア・ブレイクビート〜ジャングルがアンダーグラウンドを席巻していた。Rinse FMが海賊ラジオとして放送を始めたのもこの年。グライムのパイオニアのひとりで、1979年生まれのWileyは、ジャングル〜ドラムンベースのMCとして海賊ラジオを中心に活躍し始めていた。1998年〜99年にはUKガラージが人気を博し、海賊ラジオでもこれらの曲が多くプレイされていた。

2000年にリリースされたSo Solid Crewの"Dilemma"は、グライムの源流のひとつとして挙げられる曲だ。ガラージの4x4リズムを変化させた2ステップ・リズムに、低く引き延ばされたベース・サウンド。そして、囁くように、しかし畳み掛けられるラップ。シンガロングし易く、華やかな印象のあったガラージに対する反動のようにグライムは生まれていった。

 

この頃には、それまでDJの脇で引き立て役だったMCたちが前面に出るようになり、トラックもMCツールのような役割を果たすかのようなシンプルなものが生まれてくる。ジャングルを聴き、テレビゲームで遊んでいたキッズたちが10代後半〜20代になり、トラックを作り始めるようになるのもこの頃だったのだろう。テレビゲーム、B級映画のサントラ、携帯電話の着信音。色んなものが手軽に素材となり、“持たざる者たち”の強力な武器となった。活躍の場は、もちろん海賊ラジオ。

2001年にはPay As You Go Cartelの"Know We"が発売される。Pay As〜は、当時最大のガラージ・クルーのひとつで、Rinse FM創始者のGeeneus、DJ Slimzee、Wiley、Flowdanらも在籍。"Know We"は99年頃からダブプレートで海賊ラジオを中心にプレイされ、強い人気を集めていた。Roll DeepクルーがEntourage Crew名義で2001年にリリースした"Terrible"と共に、チープでシンプルなビート、ちぎったストリングス・サウンドが不穏な空気を生み、グライムの原型となるサウンドが生まれた。この頃は「ガラージ・ラップ」や「グライミー・ガラージ」と呼ばれていたそうだ。ラップも不良で好戦的なテーマが多くなってきている。

2002年のPlatinum 45 feat. More Fire "Oi!"、Musical Mob"Pulse X (VIP Mix)"によって、そのサウンドは更に確固としたものとなる。"Oi!"での、ダンスホール・レゲエ〜ラガ、ジャンプアップ・ジャングルの要素を感じさせるトラック&ラップ。"Pulse X (VIP Mix)"は最初の“8-barチューン”としても知られる。8小節ごとにリズムが入れ替わり、MCたちはその2パターン(16小節)を使ってスキルを披露した。この曲が、バブリーな盛り上がりとなり先導を失い瀕死の状態にあったというガラージの救世主となった。2002年にはWileyの"Eskimo"、2003年を越えると、Dizzee RascalやJammerらが頭角を現し、このサウンドが更に幅広く知られるようになる。
そして2004年。『Grime』を冠したコンピレーションがRephlexからリリースされ、このサウンドが“グライム”として認知されるようになった。実際には全てインスト曲が収録され、初期のグライムから後に“ダブステップ”と呼ばれるサウンドの過渡期的なサウンドが収められているのだが。ちなみに、このコンピ第2集にはKode9やDigital Mystikzが収録されている。

音楽は言葉で定義されるよりもずっと前を進んでいる。グライムも、そう呼ばれる頃には既に別の形に変化していた。このテキストのように、過去のことを掘り返すのは、インターネットの海を泳ぐだけでも色んなヒントを掴むことができる。ただ、いま我々の周りで起こっていること、これから生まれるかもしれないことは、その渦の中に飛び込むことでしか感じられない。音楽がいちばん面白く刺激的なのは、その音が周囲——時代や社会と反応しながら活きている瞬間だ。明日の“グライム”を生み出し、それに気がつくのは、いまここにいる我々にしかできないことなのだ。

related

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

Double Clapperzがチョイスするグライム・クラシックス10選

東京で活動するUKDとSintaによるグライムプロデューサーチームDouble Clapperzが、10/1に2枚目の12インチ『Get Mad』をリリースする。グライムの本場UKのインターネットラジオでも、すでに彼らの楽曲は多数プレイされるなど、東京、そして日本のグライムプロデューサーといえばDouble Clapperzという名前が出るのは普通のことになっている。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。