Rinse FMの共同設立者のSlimzeeとGeeneusが1996年のセットを公開

Rinse FMの設立者でありDJ/プロデューサーのSlimzeeとGeeneusが、およそ20年前の1996年に放送したセットをSoundCloudで公開した。このセットには若かりしころのWileyもサイドマイクで登場している。90年代中頃のジャングルのビートに当時17歳であったWileyらが快調に飛ばしていくナイスなセットだ。

Rinse FMは1994年に東ロンドンに基地局を持つ海賊ラジオとしてSlimzeeとGeeneusによって設立された。2010年に正式にコミュニティラジオとしてライセンスを取得した。グライムやダブステップ、ハウス、ジャングル、UKファンキーなどUKのアンダーグラウンドダンスミュージックをレプリゼントする放送局としてシーンをリードし続けて20年の歴史を持つ。

Slimzeeはその創設者の一人として90年代前半から2000年代中盤までRinse FMにて精力的に活動し、Wileyらとともにグライムを音楽ジャンルとして確立させた一人だ。数年間シーンの表舞台からは離れていたが、近年はNTS Radioで若手をフックアップしたり、Rinse FMでWileyと番組を持つなどシーンの最前線で活躍している。

 

related

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。