Tay Keithが自動車事故に巻き込まれる

Blocboy JBの“Look Alive”をはじめ、昨年を代表する1曲“Sicko Mode”をプロデュースするなど、一躍人気プロデューサーの仲間入りを果たしたTay Keith。今年も更なる飛躍が期待される彼だが、新年早々自動車事故に巻き込まれてしまったようだ。

彼は現地時間1月9日の夜、事故に遭ったとのこと。詳しい状況は不明なものの、自身のInstagramのストーリーにて大破した車をシェアしている。

動画内で彼は「おかしいだろ、クソ。見てくれよ!あーもう見てくれよ!何なんだよ一体!俺はほとんど死ぬところだったぜ、何なんだよ?」と大破した自らの車を横目に悔しさを爆発させている。幸いにも彼自身は無事だったようだが、それにしてもすごい悔しがりようである。

上記の動画内では事故以後のストーリーもまとめられており、同じくプロデューサーのSmash DavidやOG Parkerとスタジオ入りしている様子や、Wiz Khalifaとともに楽曲を制作している模様が収められている。全員が同じスタジオにいたかは定かではないが、新曲に期待が高まるばかりだ。

また、Keithはこの自動車事故について自身のTwitterでこのようにツイート。


「俺はその残骸から思い残すことなく歩き去ったよ。俺は恵まれてるよ」と悔しさはないことを強調しているが、にじみ出てしまっているような気がしなくもない。

いずれにせよ、Keith自身に被害がなかったことにほっとしたファンも多いことだろう。今年の彼の動きにも注目だ。

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。