Bone Thugs-N-HarmonyのLayzie BoneがMigosへのディス曲を発表

先日「史上最高のグループ」を自称したMigosに対し「俺たちをリスペクトしろ」と噛みついたLayzie Boneが、Migosに向けたディス曲を発表した。

ディス曲は“LET ME GO MIGO”と題され、サンタ帽を被りハルクのような見た目のLayzie Boneと顔に×印を付けられたMigosの三人がコラージュされたアートワークが特徴。ハードなトラップビートにBone Thugs-N-Harmonyの特徴であるメロディアスなフックと、老いを感じさせないスキルフルなラップが載っている。

リリックには21 Savageを同時にディスしたと見られるラインも含まれており、「これがSavageなフロウだ、平均的すぎるな」と彼のラップを茶化している。21 SavageはInstagramライブにて「老いぼれ、お前はシンプソンズのホーマーみたいだ」と暗にLayzie Boneをディスするようなフリースタイルを披露しており、今回のディスはそれに対するアンサーであるようだ。

とうとうLayzie Boneが公式にMigosとのビーフを仕掛けたわけだが、Migosからのリアクションはあるのだろうか?Migos側にアンサーを返すメリットは無いようにも思われるが、新旧のビッグネームによるビーフが起これば大きな話題を呼ぶことだろう。

RELATED

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

アメフトの大学チャンピオンチームにチェーン店のハンバーガーを振る舞ったトランプ大統領をQuavoが批判

昨日アメリカンフットボールの全国選手権のチャンピオン、クレムソン大学のメンバーがホワイトハウスにトランプ大統領を表敬訪問した。

21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつき、ディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。