Friday Night Plansが竹内まりやの"Plastic Love"のカヴァーをリリース

今年多くのシングル曲をリリースし話題になっているシンガーのFriday Night Plansが、竹内まりやの名曲"Plastic Love(プラスティック・ラブ)"のカヴァーバージョンをリリースした。

Vaporwaveなどにより日本産のいわゆるシティ・ポップが大きな話題となる中で、"Plastic Love"も世界中で再評価されていて、アジアの新鋭シンガー9M88がカヴァーするなどアジア圏の若手アーティストもピックアップ。

今回のバージョンはFriday Night Plans初の全編日本語詞となっていて、Tepppeiが原曲のテイストは変えずに、「2018年にこの楽曲が録音されていたとしたら」という視点から制作したトラックと融合している。

Info

Friday Night Plans 5th シングル「Plastic Love」

作詞:竹内まりや

作曲:竹内まりや

編曲:Tepppei

▪︎Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/1444203588?mt=1&app=music

▪︎iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/1444203588?app=itunes

▪︎Spotify

http://open.spotify.com/track/1DBqmybmBZiJ0N98hbthPD

・LINE MUSIC

https://music.line.me/album/mb0000000001782e40

▪︎ YouTube (Lyric Video)

https://youtu.be/p1gtgSgG0QM

RELATED

adidas OriginalsのNITE JOGGER BOOSTの発売を記念してFriday Night Plans、JJJ、STUTSがコラボ曲を制作 | 入場無料のイベントも開催

adidas Originalsからリリースされた暗闇(よる)を謳歌するすべてのクリエイターへ向けた一足NITE JOGGER BOOSTの新色発売を記念して、Friday Night Plans、JJJ、STUTSの3人のアーティストを迎えたスペシャルコラボレーション企画『乱反射 –RUN HAN SHA-』が始動した。

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

tofubeatsによる竹内まりやの"Plastic Love"のカバーが1月にリリース決定

今年10月にオリジナル・アルバム『RUN』をリリースしたtofubeats。新作では客演アーティストを入れずに自身の音楽と言葉と向き合ったtofubeatsの2019年は、あの名曲"Plastic Love"のカバーからスタートする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。