『WWW NEW YEAR PARTY 2019』で開催される『上東』のラインナップが発表

WWW、WWW Xのニューイヤーパーティの追加ラインナップとして、WWWβフロアの詳細が明らかになった。上海ALLとのシリーズの交換プログラム『上東』として開催される今回も、第2回のHYPH1EEとSCINTIIを招いた前回同様にアジアの音楽特集として最新号『Flood of Sounds from Asia - いまアジアから生まれる音楽 -』をリリースしたSTUDIO VOICEサポートの元開催。

上海クラブシーンの登竜門的存在SVBKVLTから本年共にリリースし、シーン屈指の強烈なサウンドで世界を揺るがす33EMYBWとOsheyackが初来日で出演する。国内からはYonYon、CHANGSIE、Mars89、Mari Sakurai、1017 Muneyといった多彩なラインナップが登場する。

ロング・ミックスで構築されるXの「静なるミニマル」とUK、アフロ、カリブ、アジア、そして日本の潮流から生まれる新しい躍動を放つWとβの「動なるオルタナティブ」で現行のエレクトロニック/ダンス・ミュージックのダイナミズムを感じて欲しい。

Info

出演:*追加情報
Daniel Bell [Accelerate | Detroit]
Yoshinori Hayashi [Smalltown Supersound / Going Good]
STEREOCiTI [Waveguide / Mojuba / Groovement / Berlin]
Howie Lee [Do Hits | China]
Nídia [Príncipe | Lisbon]
Foodman - New Year Set -
Yousuke Yukimatsu
LIL MOFO
E.L.M.S.
33EMYBW - LIVE [SVBKVLT | ALL Shanghai]
Osheyack - LIVE [SVBKVLT / Bedouin | ALL Shanghai]
YonYon
CHANGSIE
Mars89 [南蛮渡来]
Mari Sakurai
1017 Muney

※未成年者の入場不可・要顔写真付きID / You must be 20 or over with Photo ID to enter.
*23 歳以下のチケットは1,000円オフ、当日券のみとなります。受付にて年齢の確認出来る写真付きのIDをご提示下さい。
Door only and ¥1,000 yen off the door price for Under 23. Please show your photo ID at door to prove your age.

RELATED

MONKEY TIMERSとokadadaによるパーティー『LESS』が初のデイタイムで開催 | MOODMAN、クボタタケシ、CHANGSIEがゲストで登場

MONKEY TIMERSとokadadaがレジデントを務め、ロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTENが務めるパーティー『LESS』が初のデイパーティーとして、12/9(日)に代官山UNITで開催される。

DAIRIKUとSUGARHILLによる合同展示会のアフターパーティーが開催 | 極onthebeatsやTohjiがライブ、KID FRESINOやMars89がDJで出演

東京の新鋭ブランドDAIRIKUとSUGARHILが、10/6(土)に代官山のSTUDIO 4Nでだれでも参加できる合同展示会を開催、その後22時から代官山UNITでオールナイトイベント『Hue』を行う。

Mars89によるディストピアSFを想起させるダークなEP『End Of The Death』がリリース

東京を拠点に活動するプロデューサーでDJのMars89によるEP、『End Of The Death』が、UKのブリストルを拠点とするレーベルBokeh Versionsからリリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。