【イベントレポート】AKLO × ZORN 『A to Z Tour 2018』ファイナル

AKLOとZORNのジョイントツアー『A to Z Tour 2018』が12/2に東京・新木場STUDIO COASTで開催された。『A to Z Tour 2018』は今年7/22から8/24まで全国6箇所で行われた。各地で盛況だったことに加え、AKLOとZORNが意気投合したことで追加公演が決定。前回行かなかった福岡、大分、京都、石川を11月から回った。昨日はそんなツアーのすべてを締めくくるファイナルとなった。8月に行われた東京公演の舞台はLiquidroomだった。約4ヶ月で2人は倍以上のキャパシティの会場をパンパンに埋めることに成功した。

 

ステージは、高いところに配置されたDJブースと階段のみというシンプルな構成。開演前BGMのAKLO, JP THE WAVY, KLOOZ & KM"SEE ME NOW"の音量が大きくなると、客電が消えてブースの中からひょこっとAKLOが登場する。1曲目は"DIRTY WORK"。いきなりフックで合唱が巻き起こる。前回以上のバイブスを持った観客と激烈なエネルギー交換をしながら1曲目を歌い終える。AKLOは超満員の客席を見回して、「スタジオコースト調子はどうよ。ヤバいなあ」と感慨深げに語る。

AKLOはその勢いのまま"Getter"、"The One"、"MF Problem"をメドレー形式で畳み掛ける。そして「周りの人に遠慮して、自分で勝手に作っちゃうその枠を取り除いていきましょうよ」とのMCから「Outside the Frame」でフロアを爆発させた。また中盤には"Chaser"、"Stand Hard (Remix)"といった懐かしいナンバーも。"HEAT OVER HERE"では「I My Me Mine」「曖昧にしない」というライミングでそれぞれ合唱が起こる。AKLOは自身と会場のテンションを高めながら、"NEW DAYS MOVE"まで一気にステージを駆け抜けていった。

今回のライヴにも盟友・JAY’EDが登場。2人はAKLO×JAY’ED名義の楽曲"Different Man"、"Under the Cliff"、さらにAKLOの代表曲である"サッカー"の3曲を一緒に歌唱した。そしてAKLOはZORNとのことを振り返る。

「このツアーでZORNとはすごく仲良くなりました。TikTokの『全力ガチ顔』とかやらされたり(笑)。ずっと和気藹々とやってたんだけど、ある日ZORNと2人になった時『AKLOくん初心を忘れちゃダメですよ』って言われたんですよ。よく聞く言葉だけど自分が言われたのは初めてだったから、改めて『俺の初心ってなんだろう』と考えたんです。俺はもともと何もコネクションを持ってなかったから、東京のシーンに入ってくのは最初難しかった。ライヴするために10万円払えとか言われたり、すごく悔しい思いもして。たぶん俺の初心って、その時の悔しさなんだと思う。俺は金は持ってなかったけど、曲はたくさんあったからそれをネットにアップしていろんな人とつながったんだ。次に作ったのはそんな思いを込めてBLさんと作った曲です」と"RED PILL"を歌った。そしてライヴの定番曲"YOUR LANE"でZORNにバトンを渡した。

今回もほぼ転換時間はなく、アルバム『柴又日記』のオープニング"男はつらいよ(Intro)"が会場に鳴り響く。ライティングは温かい色味に変わり、ZORNが"いい感じ"を歌い始める。前半は"Life Size"、"Brand New Day"、"シャウエッセン"をしっかり聴かせる。どの曲も大合唱だ。そして"雨ニモマケズ"では1ヴァース目をアカペラで歌う。しっかりとしたスキルと発声で、歌詞を観客の胸に直接届ける。

ZORNとAKLOとでは同じヒップホップでも、歌詞のトピック立てはもちろん、フロウやビートのスタイルもまったく違う。だが観客は違うノリを楽しんでいた。ZORNの固い韻や、共感できる日常の瞬間を感じて熱くなった。そんな様子をZORNはユーモアいっぱいに「男子校でがっかりしています」と笑顔で表現した。

ZORNといえば東京・下町のバイブスだ。WEEDYとギタリスト・dubby bunnyが登場すると、いたないが優しく温かい"葛飾ラップソディー"、"黄昏ミゼット"を届ける。さらに"柴又の夕焼け"後のMCでは「ちょっと前までラップゲームにとりつかれてました。数字とか気にしすぎて、制作で3~4日帰れないこともありました」と語る。次の曲は"My Life"。この曲は「金ピカのチェーンなんて持ってない」というラインが印象的なナンバー。改めて自分の必要なことが何かを見つめ直した彼は、最後にEVISBEATSがプロデュースした自身の代表曲"Letter"を歌った。

AKLOとZORN、それぞれのソロステージはあっという間だった。2人は衣装を黒に揃えて再びステージに登場する。ZORNが「AKLOとかZORNとかがんばってましたね。前座楽しめましたか? これがメインですよ」とがっつり煽ると大歓声が上がる。まずはAKLO×ZORN名義でリリースされた"Bars"。まさにこの「A to Z Tour 2018」を象徴するかのような1曲だ。この曲についてAKLOは「仲良しごっこじゃなかった」と話す。それを受けてZORNも「"Bars"もそうだし、ツアーでは毎回お互いをやっつけてやろうと思ってた」と返す。さらにAKLOは「俺らのアクションに反応してくれたヘッズにめちゃくちゃ力をもらった」と語った。

観客からもらった力を返すように"FUEGO"、"McLaren"で2人はステージから凄まじいバイブスを放つ。そして"100 (Remix)"ではフック「ワンハネッハネッハネッ」に合わせて観客全員がジャンプ。STUDIO COASTが揺れた。"Chill Out"を挟み、おなじみラップの適性検査「Rap Game Try Out」こと"RGTO"に突入する。2人が歌い終えると、観客から「もう1回っ!」との声が飛んだ。それを拾ったZORNは「えっ、もう1回?」とまさかの2回目の"RGTO"を歌い始めた。全ての合いの手が合唱になり、本当に異常なテンションまでブチ上がったところにSALUが登場。パンパンだった会場の観客がさらに前に押し寄せる。SALUが動くと観客は波のようなうねりを作った。そこにK ダブシャインも登場。曲が終わった後、ZORNはこのステージが2人との初対面だったと明かした。

お次はAKLOの最新ナンバー"Count On Me"。すでに120%の状態だが、2人は熱いパフォーマンスを繰り広げる。ZORNは「全然足りない」とさらに煽って、2回目の"Count On Me"を歌い始め、自身も客席にダイブした。演者も観客も熱くなりすぎて、一旦ブレイクを入れなくてはならないほどテンションはどんどん上がっていた。さらに3回目の"Count On Me"でNORIKIYOがステージに現れる。もはやSTUDIO COASTはポジティヴな混乱状態だった。

最後に2人は「A to Z Tour」を振り返る。そもそもZORNは2018年は仕事しないつもりだったが、AKLOからのラブコールとあって快諾した。手探りで始めたツアーについて、両者は「勉強になった」と口を揃える。そしてこのツアーで得たものを武器に、それぞれの活動に戻っていく。最後の曲"Walk This Way"では、向き合ってお互いにヴァースを蹴り合う。そしてがっちりと抱きき合って、AKLOとZORNはそれぞれ上手と下手に別々に分かれていった。

Info

Photo:Kenji Kitazato
Text:宮崎敬太

AKLO x ZORN「A to Z Tour 2018」

2018年12月2日(日)東京都 新木場STUDIO COAST

AKLO

01. DIRTY WORK

02. Getter

03. The One

04. MF Problem

05. Outside the Frame

06. Break The Records

07. Chaser

08. Stand Hard (Remix)

09. HEAT OVER HERE

10. NEW DAYS MOVE

11. Different Man / AKLO x JAY’ED

12. Under the Cliff feat. JAY'ED

13. サッカー feat. JAY'ED

14. RED PILL

15. YOUR LANE

ZORN

01. いい感じ

02. Life Size

03. Brand New Day

04. シャウエッセン

05. 雨ニモマケズ

06. かんおけ

07. Guiter Solo(Intro) / dubby bunny

08. 葛飾ラップソディー feat. WEEDY & dubby bunny

09. 黄昏ミゼット feat. WEEDY & dubby bunny

10. 柴又の夕焼け

11. My Life

12. Letter

AKLO x ZORN

01. Bars

02. FUEGO

03. McLaren

04. 100 (Remix)

05. Chill Out

06. RGTO

07. RGTO feat. SALU & K ダブシャイン

08. Count On Me

09. Count On Me (Remix) feat. NORIKIYO

10. Walk This Way

RELATED

AKLOとZORNによる『A to Z TOUR 2018』ツアーファイナルに向けてコラボ曲"BARS"のミュージックビデオを公開

全国10カ所で開催されたAKLOとZORNによるジョイント・ツアー『A to Z TOUR 2018』も残すところ12月2日(日)の新木場スタジオコーストでのツアーファイナルのみとなり、このタイミングでAKLOとZORNが新たなる新曲をYouTube限定で緊急公開した。 NAOtheLAIZA...

【イベントレポート】BACARDÍ “Over The Border” | Little Simz、Kampireなど越境する表現者が集った一夜

音楽とアートが越境し、交差するバカルディ主催のフリーイベント『BACARDÍ “Over The Border”』が、11/5(月)に東京・渋谷のニュースポット渋谷ストリームホールで開催された。

AKLO、JP THE WAVY、KLOOZ、KMのコラボ曲"SEE ME NOW"のミュージックビデオが公開

金曜日にリリースされたばかりのAKLO、JP THE WAVY、KLOOZ、KMのコラボ曲"SEE ME NOW"のミュージックビデオが公開となった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。