【イベントレポート】rekordbox lyric feat. 鎮座DOPENESS、DJ DYE & DJ HASEBE

11/2(金)~11/4(日)の3日間、渋谷CASTでSONYの最新テクノロジーを体験できるイベント『WOW Studio』が開催された。その中の1つとしてInnovation CubeというDJブースが登場、3日間にわたり人気DJがパフォーマンスを披露した。

取材・構成 : 和田哲郎

撮影 : Marisa Suda

このDJブースにはPioneer DJ社とCOTODAMA社が共同開発した「rekordbox lyric」が使用されている。「rekordbox lyric」DJがプレイする楽曲の歌詞が、オーディエンスの前のスクリーンに映しだされる画期的な機能。ライヴアーティストよりオーディエンスとコミュニケーションを取ることが難しいDJにとって、この機能はその曲をわからなくても歌詞をその場で見ながら楽しめることで、DJがチョイスする曲の意図や、プレイ全体のストーリー性がより伝わりやすくなり、深いレベルでのDJとオーディエンスのコミュニケーションを可能とするものだ。

11/3(土)には鎮座DOPENESSをはじめ、THA BLUE HERBのDJ DYE、DJ HASEBEの3人が登場、それぞれのキャラクターを活かしたプレイで週末の渋谷を魅了した。

一番手で登場した鎮座DOPENESSは、ラッパーとしてもそのパフォーマンスが高く評価されているだけあって、初めて使用する「rekordbox lyric」を、彼らしく自由に使いこなす。トリプルファイヤーの最高の煽り曲”カモン”で、オーディエンスとのコミュニケーションを行うと、本人も「どんな感じか見てみたい」とブースからフロアに飛び出してくる。

鎮座DOPENESS

その後もECDの「天国よりマシなパンの耳』に収録されている、警察からの職務質問の体験を落とし込んだ”職質やめて!”で、コール&レスポンスが巻き起こり、ザ・タイマーズによるトリッピーアンセム”タイマーズのテーマ”のライヴバージョンなどもプレイ。センセーショナルな歌詞の曲をピックすることで、フロアの盛り上がりを作っていった。

そのあとに登場したのはTHA BLUE HERBのDJ DYE。日本のラップチューンを軸にメッセージ性がある楽曲を中心としたプレイで、やはり際立っていたのはBLUE HERBの楽曲。Bossによるスキルフルかつ強力なリリックが映しだされると、改めてその言葉の持つ重みをDJプレイであっても、そこに本人がいるように感じられる。クラシック”未来は俺等の手の中”や”THE WAY HOPE GOES”などを巧みなプレイで織り込んだプレイは、成熟した日本のヒップホップシーンのリリックの妙を視覚で楽しめるものだった。

最後に登場したのはクラブDJとしても圧倒的なキャリアを誇るDJ HASEBEだ。近年では『CITY HIP POP MIX』というミックスCDもリリースしているHASEBEは、渋谷の街中にスイートな空気を注入するメロウな楽曲を中心にしたチョイス。これまでの2人とは一転映しだされるリリックもロマンティックなものが多く、HASEBEからフロアへのラヴレターのように感じられる。唾奇とおかもとえみが参加した自身名義の楽曲”ROOM VACATION”などをプレイしつつ、後半ではニュージャックスイングなどに展開、最後はSugar SoulとZeebraを迎えた自身のビッグチューン”今すぐ欲しい”で甘く締めくくる。

今回登場した3人のDJはヒップホップをバックボーンに持ちつつも、それぞれ全くタイプの楽曲をプレイしたことで、「rekordbox lyric」の多様なパフォーマンス性を体感させてくれた。鎮座DOPENESSはオーディエンスとのコール&レスポンスのツールとして、DJ DYEは楽曲の持つメッセージ性を理解させるもの、最後はDJ HASEBEがフロアのムードを作るものとして、それぞれ使いこなしていたのが印象的だった。

今回見た使い方以外にも、「rekordbox lyric」の可能性は無数にあるだろう。リリックがほとんどないダンスミュージックのDJといえどもアクセントに使用することで、ピークタイムを作れることもできるかもしれない。早くクラブでこの機能を体感してみたいと思わせるイベントだった。

RELATED

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

【ライヴレポート】NAO | バンドセットでシンガーとしての力量をみせつけた文句なしの「楽しい」パフォーマンス

会場に集まったオーディエンス全員が笑顔で帰路に着いたことが想像できるような、文句なしに「楽しい」ライヴだった。いい意味でイメージを裏切られた——そんな人も多かったのではないだろうか。 Ella MaiやJorja Smith、などイギリス発の女性R&Bシンガー新世代が世界的な注目を集め...

Sugar SoulとZeebraを迎えたDJ HASEBEのクラシック"今すぐ欲しい"が初の7インチでリリース

ジャパニーズR&Bの名盤であるDJ HASEBEのデビュー・アルバム『adore』のリリース20周年を記念して、Sugar SoulとZeebraを迎えた"今すぐ欲しい (Butter Smoother)"が初の7インチでクリスマスにリリースされる。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。