Missy Elliottがフィメールラッパーとして初めて「ソングライターの殿堂」にノミネート

2019年の「ソングライターの殿堂」にMissy Elliottがフィメールラッパーとして初めてノミネートされたとAP通信が伝えている。

「ソングライターの殿堂」は優れた作詞・作曲家が対象となる賞。今回のノミネートは、BeyonceやWhitney Houstonのトラックを手掛けたプロデューサーとしてのMissy Elliottを評価してのもののようだ。もしもMissy Elliottが選出されればフィメールラッパーとしては初、ラッパーとしてはJay-Z、Jermain Dupriに続き三人目の殿堂入りとなる。

Missy Elliottと共にノミネートされている候補者はMariah Carey、ビーチボーイズのMike Love、Jimmy Cliff、Jeff Lynneなど錚々たる顔ぶれ。これらのメンバーの中からMissy Elliottが殿堂入りし、女性ラッパーとして初の快挙を成し遂げることは出来るのだろうか?授賞式は来年2019年の6月に開催される。

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。