DIESELがネット上の誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE」を展開 | 全国のショップでストアイベントも開催

DIESELは今やなくてはならない存在となったソーシャルメディア上で、社会問題にもなっている誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE(ヘイト クチュール)-ヘイトなんて、着ちらそう。」とメッセージを投げかける。

今季のスペシャルキャンペーンでDIESELはネット上の嫌がらせに対して、皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるはずと考えアイロニカルなメッセージを込めたコレクションを発表した。他人を攻撃せずにはいられない人々の力を削ぐことだけを目的としてデザインされている。

「Diesel is dead(」DIESELは終わっている)や「Diesel is not cool anymore(」DIESELはもうダサい) などの文字が躍るアイテムだが、これらのメッセージは実際にDIESELがこれまでに受けてきた批判の数々。

そしてキャンペーンのアイコンにはソーシャルメディアで最も誹謗中傷を受けやすいセレブリティーが登場。自身も攻撃的になってしまうほど過敏になってしまっているところもあるNicki MinajやGucci Maneなどに加え、Bella ThorneやBria Vinaiteなどが自身が言われたことのある中傷がプリントされたアイテムを着用している。

Nickiは「The Bad Guy(」嫌なやつ)、Gucciは「Fuck You, Imposter(」くたばれ、 詐欺師め)、Bellaは「Slut(」尻軽女)となっている。

これらのコメントが乗ったHAUTE COUTUREコレクションの限定アイテムはDIESELの一部店舗や、オンラインサイトで発売中だ。

さらにスペシャルムービーは、ソーシャルメディアから始まりセレブリティがダンスし、実際に受けた嫌がらせを皮肉に称える様子が描かれている。

また今週末の東京を皮切りに下記の日程でHAUTE COUTUREのストアイベントも開催予定。来店者がこれまでに受けた最悪のコメントで新コレクションをカスタマイズし、着用可能というサービスも受けられる。またDIESEL渋谷では、VLONEやA$AP MOBとのコラボで知られる、アーティストJun Inagawaを招きハンドライティングイベントも実施する。

HAUTE COUTUREアイテムの売上による収益は、 Only The Brave Foundationを通じて、世界各国のいじめおよびネットいじめ対策の慈善活動を支援するために寄付される。

Info

10月13日、14日 東京 10月20日、21日 大阪 10月27日、28日 名古屋
10月27日、28日 福岡 10月13日~10月19日 オンラインストア(※種類は選べません。ランダム封入となります。) ストアイベントの詳細はウェブサイト(www.diesel.co.jp/fw18campaign)をご確認ください。

お問い合わせ

ディーゼルジャパン TEL 0120-55-1978

RELATED

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

Gucci Maneのライブでステージに上がったファンをセキュリティが突き落とす

ラップのライブを観てバイブスが上がりすぎたファンが痛い目を見る事例は多々あるが、今回またしても熱狂的なファンがステージに上がろうとしてしまったようだ。

6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

強盗や銃撃事件など様々なトラブルに巻き込まれがちなラッパー6ix9ineが、またもや銃撃を受けた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。