ネット空間が生んだ新たな才能 TakaoによるデビューアルバムがEM Recordsよりリリース

世界的にニューエイジ系のエレクトロニック・ミュージックが再発見・引用され、80年代などの日本のアンビエント/環境音楽の再評価が行われている中で、ネット空間に生成されたかつてない音楽土壌から生まれた新世代アーティストたちも登場してきている。

そんな新世代の中でも注目されている東京出身のアーティストTakaoによるデビューアルバム『Stealth』が、EM Recordsから10月にリリースされる。

Takaoは濱瀬元彦、武満徹、新津章夫、ヤン富田、Sean McCann等々に影響を受けたが、そこから得たインスピレーションを衒いなく定着させたのが本作『Stealth』。

13曲で33分という短さで、かつ、ひとつとして同じ体裁の曲がないにもかかわらず、シームレスな環境音楽的聴取ができる同作は、控えめだがこだわり抜いた内容。すでに多くのアーティストがTakaoの才能に喜びのコメントを出している。

「このアルバムには黄金色の海が広がる。僕にとって、その新しい音楽の海には、吉村弘、芦川聡を初めて聴いた時の感覚だったり、あの時のNuno Canavarroの質感、晩年のRobert Ashleyの構造にもたどり着く。音楽の深海へ、時空を超える面白さ。Takaoの秘めた好奇心にリスペクト。」(蓮沼執太)

「行ったことのない街や、登ったことのない山の景色を、会ったことのない友達から届く写真で知るような美しい傑作!」(古谷野慶輔/空間現代)

「Takaoはニューエイジの包摂からステルスする。繰り返し聴いてほしい。隠れた新エリアが出現するまで…」(小松千倫 Kazumichi Komatsu)

Info

アーティスト名:Takao
アルバム題名:Stealth
フォーマット:CD/LP/Digital
制作発売元:エム・レコード (EM Records) http://emrecords.net/
カタログ番号:EM1180CD/LP

発売日:
デジタル版 10月26日 先行販売 <http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=135541437>
CD版 11月28日 <http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=135631913>
LP版 2019年1月下旬予定 <http://emrecords.shop-pro.jp/?pid=135697440>

マスタリング:倉谷拓人(Ruv Bytes)
装丁:木村銀次

Special thanks: Nobuyuki Sakuma (CVN/AVYSS)

 

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。