speedy lee genesisによるパーティー『Neoplasia』にYves Tumor、Aya Gloomy、Takaoなどが登場

speedy lee genesisが主催するカルト・パーティ『Neoplasia』の第3弾が、12/14(土)に渋谷のWWW、WWWβで開催される。

今年5月にLAのミステリアス・ロックンローラーHirakishを迎えて開催された『Neoplasia』。「Prelude 2020 Version」と題した特別編として、WWW、WWWβ両フロアで開催される今回は、昨年10月にWarpからアルバムをリリースした新ロック・スターのYves Tumorをゲストに迎える。

日本からは、主催のspeedy lee genesisを初め、作詞作曲やアートワーク、独特なファッションまで全てを自身でプロデュースしているAya Gloomyや大阪のEM Recordsからフルアルバム『Stealth』をリリースするTakao、eminemsaikoなどが登場する。

— 主催speedy lee genesis (Neoplasia)より————

何かに触れたとき、私たちが抱く一瞬の自己言及的モノローグ

私たちは独白を喪失した

デコードできないあらゆるローグが手のひらから流れ落ちている

時代が、環境が、他人が、私たちをそうさせた?

言葉にできない魂の呼応が、身体を貫く瞬間を求めたい

ディス・コミュニケーションの可能性

それは対話ではない

それは音楽の中にある

Neoplasia3 - Prelude 2020 Version - は個人のモノローグを見つめ暴走する

Info

『Neoplasia3 - Prelude 2020 Version - 』
2019/12/14 sat at WWW / WWWβ
OPEN / START 24:00
ADV ¥2,800+1D | DOOR ¥3,500+1D | U25 ¥2,500+1D
Ticket Outlet: e+ / Resident Advisor

LIVE:

Yves Tumor [WARP / US]
Aya Gloomy - LIVE
Takao - application for 2020 set -
MIRA 新伝統

DJ:

スポーツガーデンひ
eminemsaiko
speedy lee genesis

promoted by Local XX World

協力: Beatink

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

related

Aya Gloomyが2ndアルバム『TOKYO HAKAI』をリリース|LPも同時発売

国内外で大きな評価を得るAya Gloomyが、2018年4月発売の1stアルバム『陸の孤島』以来約3年振りとなる2ndアルバム『TOKYO HAKAI』を本日LPとデジタルでリリースした。

Aya Gloomyの2ndアルバム『TOKYO HAKAI』がリリース決定|収録曲“Start Again”が先行発表

Aya Gloomyが2018年4月発売の1stアルバム『陸の孤島』以来約3年振りとなる2ndアルバム『TOKYO HAKAI』を、4月28日にLPとデジタルでリリースすることが決定。収録曲から“Start Again”を本日3月24日にデジタルリリースした。

Aya Gloomyが1年ぶりの新曲“Micro Creature”をリリース|MVも公開

Aya Gloomy が、2019年9月発売の2nd EP『KANJIRU』以来約一年振りとなる新曲“Micro Creature”をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。