Aya Gloomyの2ndアルバム『TOKYO HAKAI』がリリース決定|収録曲“Start Again”が先行発表

Aya Gloomyが2018年4月発売の1stアルバム『陸の孤島』以来約3年振りとなる2ndアルバム『TOKYO HAKAI』を、4月28日にLPとデジタルでリリースすることが決定。収録曲から“Start Again”を本日3月24日にデジタルリリースした。

本作はHIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポート。

前作に引き続きアルバムに収録されている全11曲全てがAya Gloomyによってセルフプロデュースされており、彼女独自の不思議なイントネーションで歌う日本語詞とオリエンタルでエレクトリックなサウンドが、更に洗練されブラッシュアップされた作品となっている。

同時にMahne Frameが監督、撮影を手がけた“Start Again”のMVも公開。MVは『TOKYO HAKAI』のアルバムジャケット撮影のビハインドザシーンから構成された作品となっている。

Aya Gloomy本人からのコメントはこちら。

二〇二〇大好きな年。自分の殻の肉体を破って本質の自分を見つける。この不思議な街東京、情報が多くて、急に孤独になる街で、エネルギーを放出し無ければ気持ち(心)は変わらないのです。

Info

アーティスト名: Aya Gloomy
『Start Again』
タイトル: Start Again
Release: 2021.
Format: Digital
Label:AYA GLOOMY

Track : Start Again

配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/StartAgain
※リンク内の内容は3/24 0:00のリリース以降に更新されます。

アーティスト名: Aya Gloomy
『TOKYO HAKAI』
タイトル: TOKYO HAKAI
Release: 2021.4.28
Format : Digital / LP
Label:AYA GLOOMY

Track:
1. 二〇二〇
2. Work World
3. Kodou
4. Saisei(楽)
5. THE FIGHT
6. Start Again
7. DenEn
8. tick tick
9. Micro Creature
10. Turn Off
11. TSUNAMI

Track List:TOKYO HAKAI For LP
1. 二〇二〇
2. Start Again
3. DenEn
4. Saisei(楽)
5. Work World
6. tick tick
7. Kodou
8. THE FIGHT
9. Micro Creature
10. Turn Off
11. TSUNAMI

related

Aya Gloomyが2ndアルバム『TOKYO HAKAI』をリリース|LPも同時発売

国内外で大きな評価を得るAya Gloomyが、2018年4月発売の1stアルバム『陸の孤島』以来約3年振りとなる2ndアルバム『TOKYO HAKAI』を本日LPとデジタルでリリースした。

Aya Gloomyが1年ぶりの新曲“Micro Creature”をリリース|MVも公開

Aya Gloomy が、2019年9月発売の2nd EP『KANJIRU』以来約一年振りとなる新曲“Micro Creature”をリリースした。

カルトブランドGLAMHATEによる最初で最後のショー&パーティーにゆるふわギャングや極onTheBeats、Aya Gloomyなどが出演

デザイナーの藤原大輔が手がけるカルトブランドGLAMHATEが、2/20(木)に東京・渋谷のContactで最初で最後となるショー&パーティ『EDEN』を開催する。 ショーはライブやセックスショー、シバリ、ドラァグ、パフォーマンスアートなどを交えた内容でAya Gloomyや極onTh...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。